「お父さんの子供でもあるんだからね」のひとことに涙、夫に変わってもらった矢先なんと2度目の…0歳娘が脳梗塞になった話(その9)【完結編】(3/3)

2021/9/24 12:00四月さよなら四月さよなら



家事なんて一切しない、本当にすいかのお世話をするだけの2ヶ月間。
小児ベッドの上でずっと二人で過ごした2ヶ月間。



すいかにとっては3ヶ月の長い長い入院生活でした。今思うと、結局すいかは産まれたときの家には帰らないままでしたね…。



夫が一人で選んだ関西のマンションは新築で明るくて、何よりお風呂がピカピカで!(病院のシャワー室は古くて、ちょっとぬるっとしてたので、すごく嬉しかった)久しぶりにお風呂に浸かって、生き返りました。

その晩…




やっとまた家族みんなで一緒に眠れる日々がやってきました。また何か起こったらどうしようという不安もありましたが、夫がいて、すいかがいて、やっぱりそれが本当に嬉しかった。

そして、それから4年…







幸い、あれから一度もけいれんは起こらず、このとおりすいかは元気に大きくなっています。(方位磁針のように何度縦にしてもまた横に…)

脳梗塞の影響で麻痺や発達の遅れはあるので、一般的な子育てにはない心配や大変なこともたくさんありますが、私が楽しくやっていけてるのは、入院していた頃と同じ「一緒にいられる!」という嬉しさが心の中でずーっと続いているからだと思います。

やっぱりどう考えてもそれ以上に嬉しいことはないと思うのです。

おわり

(漫画・文 四月さよなら)

《関連マンガ》
・「なぜけいれんが…?」0歳娘が脳梗塞になった話(その1)
・「昨日まで家族3人、川の字で寝ていたのに…」0歳娘が脳梗塞になった話(その2)
・「38℃!?」今度は夫が熱を出し、まさかの…0歳娘が脳梗塞になった話(その3)
・「治療法はありません」に絶句…0歳娘が脳梗塞になった話(その4)
・1ヶ月検診で言われた信じられない一言…0歳娘が脳梗塞になった話(その5)
・「10日ぶりに目が開いた!」0歳娘が脳梗塞になった話(その6)
・「結局原因は?」0歳娘が脳梗塞になった話(その7)
・「親の食事は一切出ない?!」0歳娘が脳梗塞になった話(その8)


四月さよならのブログ「四月家の人々」
入院中のすいかの姿から現在の元気で楽しい様子まで、いろいろと写真や漫画で綴っています。

四月さよならinstagram
思っていたよりも普通に楽しくて、呑気で、そういう日々の一コマを漫画にしています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3