「結局原因は?」0歳娘が脳梗塞になった話(その7)よみがえる苦しい思い出(1/2)

2021/8/27 12:00四月さよなら四月さよなら

こんにちは。四月さよならです。

現在4歳のすいかの0歳脳梗塞闘病記。ICU編が今回で終わります。
いまは歌と踊りと工作が大好きでのびのび生きているすいか。
何度思い出してもあの頃は今のような姿、想像できなかったなと思います。


《登場人物》


前回のあらすじ

産まれて22日目の朝、突然けいれんが起きたすいか。救急病院を受診するが繰り返すけいれんとともに呼吸も不安定になり、翌朝にはICUで人工呼吸器をつけ眠った姿に・・・。そこから10日後、すいかの目が開いて・・・
「10日ぶりに目が開いた!」0歳娘が脳梗塞になった話(その6)はこちらから



よみがえる苦しい思い出








状態が落ち着いていれば小児病棟に移るとは聞いていましたが、まさか翌日とは思わず、面食らいました。



ICUの看護師さんは本当に皆さん温かくて、すいかのために誕生日カードを作ってくださったり、ベッドを飾りつけしてくださったり、素敵な思い出がいっぱいです。
退院するときは元気になったすいかの姿を見てもらいたいなと思いながら、小児病棟へ向かいました。





4年経ったいま振り返ってもこのときが一番辛いです・・・。

詳しくは「昨日まで家族3人、川の字で寝ていたのに…」0歳娘が脳梗塞になった話(その2)で書いてます。






けいれんが起きて病院に来た日、検査のために絶食しなければならず、空腹と恐怖で泣き叫んでいたとき。
そのあと人工呼吸器をつけて眠った状態になって泣くことはなくなったとき。
人工呼吸器が外れた直後出したくても声が出なかったとき。

いろんなことを乗り越えて久しぶりに聞けたすいかの声。
泣き声ですら聞けることが嬉しかったです。



嬉しくてめっちゃ写真撮りました。

    次へ

  1. 1
  2. 2