ツラい肩こりに!「鎖骨コリほぐし」で呼吸もすっきり

2017/10/31 13:00 崎田ミナ 崎田ミナ

「鎖骨」まわりのコリが、肩コリに関係しているのを知っていますか?

鎖骨のすぐ下を指でちょっと強めに押してみてください。痛かった人は、肩コリ首コリだけでなく呼吸も浅く疲れやすくなっているかも……!?





体の背面の肩コリに、鎖骨付近の筋肉のコリが関係しているなんて意外ですよね。

スマホによる巻き肩・猫背・長時間のデスクワーク・よく重い物を持つ……。これらの生活習慣が原因となり、引き起こされる「鎖骨まわりのコリ」についてイラストで説明します!




鎖骨にはたくさんの筋肉がくっついているので、しっかりほぐしておきたい部位です。
鎖骨から背中の方までひろ~く覆っている「僧帽筋」は肩と首のコリの原因に。首の横側の太い筋肉「胸鎖乳突筋」首コリだけでなく、ストレスにも関係しているといいます。
他にも胸の表面の「大胸筋」や、肩をスッポリ覆う「三角筋」も付着しています。

今回は鎖骨まわりのインナーマッスル「鎖骨下筋」「小胸筋」 にアプローチするマッサージ&ストレッチで、様々なコリや疲れを一気にほぐしていきましょう!

「鎖骨まわりほぐし」の実践方法を「鎖骨田ホグ介」の四コマ漫画と共にご紹介!





「鎖骨まわり」のこわばりがほぐれると、肩や腕が軽くなり、動かしやすくなります。首まわりも緩んでラクになってくるのを感じるかも♪

「鎖骨下筋」と「小胸筋」は呼吸補助筋といって、肺の呼吸を助けている筋肉です。ほぐすことで深い息が吸い込みやすくなって呼吸が整い、リラックス効果自律神経調整にもつながりやすくなります。

ちょっとしたスキマ時間に試してみてくださいね♪