【意外】バナナに甘酒も!「夏バテ対策」3つのテクとは?

2016/8/9 10:00 崎田ミナ 崎田ミナ

うだるような暑さだけで体力が消耗していく夏。ひたすらだるくて食欲もない……手強い夏バテに効果的で“ちょっと意外”な対策法とは!?




健康オタクの筆者が、周囲の聞きこみ調査でゲットした夏バテ解消テクニックを厳選。夏のだるさ・疲労回復を助ける3つの方法を漫画でご紹介します!


■夏の栄養補給には!

「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)でも紹介された甘酒がじわじわと話題だそう。うなぎ・豚肉などのスタミナ食材も挙げられましたが、バナナは安いし毎日食べられるのでイイですね!



※汗をかくと失われる「カリウム」不足も夏バテの原因の1つ!

江戸時代の栄養ドリンクとして夏に飲まれていたという「冷やし甘酒」
甘酒には酒粕米麹から作られた二種類があります。「飲む点滴」と呼ばれているのは米麹タイプです。

Yさんは豆乳を混ぜて飲みやすくしているそうで、栄養成分「イソフラボン」による冷え性改善美肌などのうれしい相乗効果も。
ちなみに酒粕タイプの甘酒もタンパク質や食物繊維など栄養価はたっぷりです。


■寝る前に“塩入りの水”を飲む!

Sくんから教わった、快適に目覚めやすくなる夏の水分補給法です。




自覚していなくても寝ている間にはコップ1杯分の汗が出ており、熱帯夜ともなるとそれ以上……! 睡眠中は脱水症状が進行しやすく、朝起きてだるいのはそれが大きな原因だとか。

汗には水分と塩分(ナトリウム)が含まれているので、も入れると効果アップ。ミネラル豊富な「自然塩・天然塩」がイイそうです! 足のつり予防にも。


■寝ながら血流促進&リラックス!


筆者が夜によく行なうリラクゼーションポーズです。




心臓より足を高くしておくことでラクに血流を促し、重力によって足下に溜まった疲労物質を排泄しやすくします。クーラー冷えでコリを感じる「首の後ろ」を温めてほぐすことでリラックス効果につなげ、夏にバランスの崩れた自律神経を整いやすくします。ジェルパッドがなければ、蒸しタオルでもOK。

※(注)※「頭に熱がこもっているなぁ」と感じている方は、首の後ろを温めるのではなく、おでこや頭頂部を冷やすのがオススメです!

健康に不安のある方は無理せず試してみてくださいね!

________________
☆寝ながら夏バテ緩和ストレッチもオススメ→「ワニのポーズ」、「ガス抜きのポーズ
下半身の血流を促進して疲労回復効果&弱った内臓もケアします。