なにこれ!?紅茶好きがざわつく透明なレモンティー

2017/4/25 20:40satominsatomin


4月25日に「サントリー天然水プレミアムモーニングティーレモン」が発売され、

透明なレモンティー!!!?

と、紅茶好きがザワつきはじめました。




南アルプスの天然水シリーズはこれまでもヨーグリーナや朝摘みオレンジフレーバーなど、斬新な商品を世に放ってきましたが、
このプレミアムモーニングティーもレモンティーなのに透明です。



知らなければミネラルウォーターだと思ってしまう見た目…


そして、

ペットボトルのパッケージには、
「清冽なサントリー天然水に、華やかな紅茶の香りと爽やかレモンを閉じこめました。いつもの朝をプレミアムに。」
と書かれています。


▲レモンをのせた青いミズクマとともに説明が


商品名のプレミアムモーニングティーといい、なぜ朝。。。(午後ティーに対抗??)

公式ホームページを見ると「「豊かな朝」を感じて欲しい、“いいスタートが切れる”スイッチでありたい、そんな想いがネーミングに込められています。“朝ティー”って呼んでください。」とのこと。

さて、朝ティーはこれから先、浸透するのでしょうか。あたたかい目で見守っていきましょう。


様々な思惑も透けて見えてきそうですが、透明なレモンティーを早速飲んでみました。



▲ペットボトルの上部はレモンや柑橘系のようにザラザラ

見た目は透明ですが、じっと凝視するとうっすら黄色みがかっているような気も。



フタを開けるとレモンティーの香りが立ち昇ります。

飲むと、やはりレモンティー。見た目は水なのに…
ただし、紅茶はあまり感じられず、レモンの風味が強く、少し甘みがあります。

ペットボトルのレモンティー風味といったところでしょうか。
喉越しは爽やかで、夏向きの飲料です。


公式ホームページによると、リプトンの「香り贅沢茶葉」を使用し、「サントリー天然水」に有機レモン果汁を加えすっきりした後味に仕上げているそう。


ラベルを見ると、「品名:紅茶飲料」の記載が。
フレーバーウォーターではなく、紅茶飲料なんですね。

原材料名には、「ナチュラルミネラルウォーター、糖類(砂糖、高果糖液糖)、紅茶、有機レモン果汁、食塩、ミントエキス、香料、酸味料、カフェイン、酸化防止剤(ビタミンC)」とあります。

後味の爽やかさはミントがよい働きをしているのかもしれません。



◆Twitterやインスタでも話題

4月25日の発売開始後、早速購入した方のツイートが続々と投稿されています。

・「透明なのにめっちゃレモンティーの味する!ナニコレすげー!!」
・「今日発売なんだけど予想以上に透明なレモンティーだからみんな飲んで」
・「これ飲んだけど、あっさりしてて美味いですねえ(^ ^)クリアな紅茶には驚きました。最初は水?紅茶?と思いました。」
・「味がホントにレモンティーなのか?と思い口にすると…不思議な事にレモンティー」


そして、
お洒落なボトルはインスタ映えも抜群!

すでにたくさんの投稿がインスタ上に。





青空を透かしてみたり。


レモンのような黄色い花を透かしてみたり。


@erimu_roomがシェアした投稿 -

チェックの生地を透かしてみたり。


@umecoigがシェアした投稿 -

緑を透かしてみたり。


透明なレモンティーを活かした画像が多くアップされています。



さらに、見た目だけでなく、とあることに注目している方も。

・「昨日歯医者でコーヒーや紅茶はやっぱ色素つくから~って言われたからサントリーの天然水のレモンティー味買ってみた」
・「珈琲も紅茶も好きな私は茶渋が気になっていたけどこれは気にならない!!」

お茶をたくさん飲んでいると茶渋などの色素が歯につくので、それを避けられるといった意見です。



新感覚の紅茶飲料。見た目と味のギャップを楽しめる品です。とはいえ、SNSを見ると味は好みがわかれるようです。

透明で、サントリー天然水と記載されていますがカフェイン入りで甘みもあるので、お水と勘違いして購入してしまわないように注意が必要そうです。


(satomin@お茶ライター Teawriter)


■「お茶・日本茶・TEA」記事一覧
新茶シーズン到来!知っておきたい3つのこと
【濃厚抹茶スイーツ】新スポット京都タワーサンド限定の「生茶の菓アイスバー」
【歴史的瞬間】織田信成と明智光秀の末裔クリス・ペプラーが茶会で初対面!その結末は?
【即完売】インスタ映え抜群!ハートが浮かぶレモンティーがかわいすぎる
【表参道】ポップでかわいいけど本格的!英国紅茶の新鋭ブランド「ブリューティーカンパニー」
日本茶の新スタイル!ハンドドリップ日本茶カフェ「東京茶寮」がクールでカッコいい
もっと読む