【実話】我が家のとっておきの家宝。

2020/2/22 07:00 高島のら 高島のら

【登場人物】




家宝



貧乏というのは人の人格を見事に腐らせる

僕は貧乏な家庭に生まれ育ち、人格が破綻した

『なんでも鑑定団』というテレビ番組があって

僕は毎週録画して嫁と二人で楽しんでいる

“楽しんでいる”と言ってもその楽しみ方が

お宝鑑定依頼者が素っ頓狂な希望金額を出して

鑑定額が二束三文だった時、僕たちは笑う

嫁も生粋の貧乏人なので人の不幸が楽しいのだ

ちなみに鑑定額がとんでもなく高額だった時

「チッ」と悪魔の様な表情を浮かべて舌打ちする

なんてったって我が家の家宝は70円ですから。





(高島のら)


【関連記事】
【実話】息ができない…妻からもらった手編みのマフラーが意味深すぎる
【実話】妻が冷蔵庫の中をみて驚愕…中にあったものとは
【実話】うつ病と認定されたぼくの唯一の救いは「妻の○○」
【実話】数ヶ月ご無沙汰な「夫婦の営み」妻が○○を着用した結果
【実話】顔がヤバい…泣く子も黙る妻の○○がスゴイ
【実話】大惨事!ホラー映画を鑑賞中の妻を驚かした結果
【実話】ムキになって大暴れ…温厚な妻が唯一ガチギレするもの
【実話】こっそりオナラ…バレないように夫がヘッドフォンをしている間にした結果
【実話】「鼻毛でてない?」そんな事より…心をえぐる妻のひと言で顔面蒼白
【実話】40歳から○○な男は「100%モテない」妻の反応がつらい