【実話】新しいカップ麺に挑戦するも無残な結果に

2019/6/1 07:00 高島のら 高島のら

【登場人物】






スープ




今月で41歳、着々と老化現象が進んでいる

最近、自分がジジイになったなと感じる事は

新しいモノを受け入れられなくなった事だ

新しい価値観、新しいシステム、新しい商品…

自分をアップデートするのが億劫になってきた

これではいけないと思って新商品に手を付けた

四川風担々麺、激辛が売りらしい

しかし食べてみたところ非常に味が薄いではないか

食べ終わって嫁が後入れのスープを拾ってきた

入れ忘れたのだ、どうりで味が薄い訳だ

悔しいのでスープだけで飲んだ、とても激辛だった。








(高島のら)


【関連記事】
【実話】息ができない…妻からもらった手編みのマフラーが意味深すぎる
【実話】妻が冷蔵庫の中をみて驚愕…中にあったものとは
【実話】うつ病と認定されたぼくの唯一の救いは「妻の○○」
【実話】数ヶ月ご無沙汰な「夫婦の営み」妻が○○を着用した結果
【実話】顔がヤバい…泣く子も黙る妻の○○がスゴイ
【実話】大惨事!ホラー映画を鑑賞中の妻を驚かした結果
【実話】ムキになって大暴れ…温厚な妻が唯一ガチギレするもの
【実話】こっそりオナラ…バレないように夫がヘッドフォンをしている間にした結果
【実話】「鼻毛でてない?」そんな事より…心をえぐる妻のひと言で顔面蒼白
【実話】40歳から○○な男は「100%モテない」妻の反応がつらい