恥ずかし過ぎる!プリクラ爆笑事件【ゆっぺの無意識過剰日記】

2018/9/17 09:00 ゆっぺ ゆっぺ

最近のプリクラって、別人レベルに激しい加工が施されますよね。





先日、娘に誘われ10年ぶりに撮ったんですけど・・・
誰やこいつ!!!
盛りに盛られて誰だかわからん!!!全くの別人になりました。


今回は、そんな過剰なまでの加工により、とても恥ずかしい思いをした
職場の先輩のお話です。




ある日の仕事帰り。







へ?







つまり、プリクラの修正機能で美化された自分を見せたいと。

当時まだスマホなんて無い時代で、自撮りや美肌加工アプリなんてものも存在しなかった。
頼れるものはプリクラしかなかったのである。



先輩の乙女心、わかりますわかります。

当時のプリクラ機は、今ほど激しい加工はなかったけど、
ちょうどデカ目対応機種が出始めたころでした。

ってことで、プリクラ機へGO!




先輩のためなら、喜んで引き立て役になりましょう。

で、考えたポーズがこれ・・・




3.2.1.カシャッ!!

撮影が終わると、次は落書きタイム。
可愛く撮れたかな~




・・・・・・




・・・・・・




・・・・・・




出てきた画像を見て、二人とも絶句しました。


せ、先輩・・・先輩の・・・





なんと先輩の目が小さすぎたため、機械が鼻の穴を目と認識してしまったのです!


もうお腹痛くなるくらい笑いました。
な、涙で字が書けない。(笑いすぎて)



先輩お元気ですか。
もう何年もお会いしていませんが、今でもプリクラ機を見るたびに思い出します。
北島三郎を・・・。



Before




After




(ゆっぺ)