【安うまワインレビュー】ローソン売上No1ワインのお味は?カンタン「味噌カツ」レシピも

2017/10/14 11:01 Tamy Tamy

ワインが好き過ぎてワインエキスパートの資格を取得してしまったTamyが「安うまワイン」を探し、ワインをアレンジしたりワインに合うレシピを紹介する「おうちでせんべろ」。
(せんべろ=千円でベロベロ!)千円ほどの予算で気軽にワインを楽しみましょう!





そろそろ赤ワインが美味しい季節ですね。今回はローソンワイン売上NO1ブランドの文字に惹かれて手に取った、チリの大手ワイナリー、コンチャイトロの「カーサ・スベルカソーメルロー(575円税込)」を買ってみました。





チリは南米大陸の西側に位置し、地中海性気候で降水量が少なく、日中と夜間の寒暖差が大きい事などあり、ぶどう作りには最適な環境だと言われています。
現地の人件費が安い事に加え、2007年に日本とチリの間でEPA(経済連携協定)が結ばれ、ワインの関税が引き下げられた事もあり2015年にはワイン輸入量がフランスを抜いて1位になりました。お家で気軽にワインを開ける時、チリワインは欠かせない存在なのです。

このワインの品種はメルローです。フランス、ボルドーの右岸側のシャトーでよく使用される品種で、一般的に同じボルドーの主要品種カベルネ・ソーヴィニオンに比べると丸みがあり、まろやかだと言われています。

飲んでみるとブラックチェリーのような香りで果実味があり、重た過ぎず飲みやすい印象です。相性の良い料理は「ポークカツ」「サバの味噌煮」と書いてあります。そこでハッとこの二品を組み合わせた名古屋飯「味噌カツ」を思い出しました。赤ワインと味噌って合うのでしょうか?早速作ってみたいと思います!


名古屋風 味噌カツ
(材料)3人分
豚肉    300g (350円)
卵     1個
パン粉   適量
小麦粉   適量
塩こしょう 適量
揚げ油   適量

― 味噌ダレ ―
赤味噌   大さじ3
砂糖    大さじ3
みりん   大さじ3
酒     大さじ3
水     大さじ3
だしの素  小さじ1
いりごま  大さじ1





レシピの手順はトンカツに衣をつけて揚げていますが、忙しい時は買ってきたトンカツに手作りの味噌ダレをかけるだけでもいいと思います。サクッとしたカツに味噌ダレをかけて赤ワインと合わせてみると、あら不思議!お互いが邪魔しないんです。

ワインのタンニンをくっきりと感じますし、豚肉の甘味が引き出され美味しくいただく事が出来ました。味噌はチーズと同じ発酵食品なので以外と合うのかもしれませんね。勉強になりました!

この名古屋風の味噌ダレ、名古屋出身のママ友から材料を教わり、覚えやすい分量で作ってみました。余ったら野菜炒めに入れたり、茄子田楽など色々使いまわせて便利ですよ。是非お試しください。

今回はワインと豚肉の合計金額は925円。後は家にある調味料を使ったので約1,000円ほどでした。

(Tamy)