ビーツの缶詰でかんたん!ロシア料理「ボルシチ」煮込むだけのスープレシピ~Tamyの旅する料理~

2022/1/30 00:21TamyTamy





モスクワへ行ったのは今から20年前の事です。

英語は通じないしロシア語も分からないので、買い物は身振り手振り。大好きだったロシアの人気キャラクターグッズを買おうと市場や本屋で「チェブラーシカ!チェブラーシカ!」と探し回ったのですが、皆さん知らないのに探してくれて本当に親切でした。





建物は美しく可愛いし、美術館やバレエなど芸術的な見所も多く、食べ物も美味しくてロシアのイメージがガラリと変わりました。





特にあの赤紫のスープ「ボルシチ」と黒パンの美味しさにハマり、帰国してからも成城石井やカルディなどでビーツの缶詰を見つけたら、サワークリームと一緒に購入し作るようになりました。





この赤紫の野菜ビーツは栄養価が高く、食べる輸血とも言われるそうで、ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富で、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防になると言われています。

クリーミーな酸味と素材の旨味が体に優しい「食べるスープボルシチ」寒い季節にお家でコトコト作ってみませんか?
(Tamy)