【衝撃】頭に石が刺さった夏休みの思い出…チェン・いわきのひまつぶし備忘録

2017/8/15 10:00 チェン・いわき チェン・いわき






gooいまトピをご覧の皆様こんにちは。
チェン・いわきです。



今回のお話は…










……事故ばっかりじゃねぇか。
と、お思いの皆様…
チェン一家は本当に怪我ばかりするのです。





このお話は…
チェンが小学校1年生くらいの時の話。





チェンは、両親が共働きだった為
大型連休は必ず福島に送られ
ずっと福島に居ました。











そんなある日、日中大人が居ない時間ができ
イトコとチェンで留守番をすることに…



















ボロッボロのブランコで…












がっつり、頭に石が刺さるチェン。











不思議とこの時の「痛かった」という
記憶が全く無い。
















大人に死んでも怒られたくなかった
イトコ達は…













意味が分からない誤魔化しをする長男。













そして…何故か信じ、泣き止むチェン。





包帯をぐるぐる巻きにされ
ボロッボロの帽子を被せられ
大人達を出迎えた。





この後、病院も行かないまま、いつの間にか
長男に包帯を取られ、神奈川に帰りました。



まあ…そんなこんなで
石が刺さった場所はまだ凹んでます。




皆さんは、怪我をした場合はすぐ病院へ
行ってくださいね!(当たり前)



チェン・いわき