【実話マンガ】妻に仕掛けたブーブークッション…衝撃の結末

2018/9/22 07:00 高島のら 高島のら

【登場人物】






ブーブークッション





僕の黒歴史「ブーブークッション事件」を紹介

あれは小学5年生の時、僕は設楽さんに恋をした

設楽さんは可愛らしく頭脳明晰、運動神経抜群

クラスのマドンナ的存在で女子を束ねていた

そんな憧れの設楽さんからプレゼントを貰った

バレンタインデーのチョコレートである

当時イカレポンチだった僕は嬉しくて嬉しくて

設楽さんにブーブークッションを仕掛けた

皆の前で恥をかいた設楽さんは泣いてしまった

それがきっかけで彼女は口を利いてくれなくなった

それから30年、ずっと負け犬人生を歩んでいる。



(高島のら)


次話を読む↓
【実話】うつで無職のぼくが対人恐怖症になった1つの理由