【えんぴつで描いてみた】真夏の午睡

2018/8/8 12:00 shirokuma shirokuma

こんにちは。shirokumaです。



普段は色鉛筆で子どもたちを描いていますが、こちらでは、鉛筆で写実的に描いてみるという連載をさせていただいています。

我が家の上の3歳の子どもは、お昼寝をしないことも多いのですが、下の生後8か月の子どもは、朝起きてから夜寝る前の間に何度かお昼寝をします。
「背中スイッチ」などとよく言われるように本当に敏感で、布団に寝かせようとするとすぐに起きてしまいますが、抱っこをしていると、安心するのか良く眠ってくれます。

今回はそんな寝顔を描いてみました。

明暗をつけながら、大まかに形をとりました。



全体をガーゼで擦ってぼかした後、まずは鼻と唇を描き込みました。



続いて目の周辺。



髪の毛。まばらで、ほわほわしていて、描き入れるのが難しかったです。



背景を描き込みながら、髪の毛を浮かび上がらせます。
手や服も描き込みました。



細くて短い髪の毛や、眉毛、まつ毛などを描き足しました。
こちらでほぼ完成です。



今回は、鼻の頭の毛穴(?)のポツポツと光っているところと、唇を少し吸っているようなところは、思うように描けたかなと思います。



用紙サイズ:B5
制作時間:26時間くらい


《関連リンク》

shirokumaの記事一覧