喫茶店のお客さん観察日記:第15回~巣鴨のジジイ&ババア編~

2014/12/17 12:00 ゆめ子 ゆめ子





喫茶店のお客さん観察日記:第15回
~巣鴨のジジイ&ババア編~

金曜日の午後3時
東京都豊島区のとある喫茶店にて
※コーヒー1杯 350円~





・死んでないよね?


巣鴨はウワサに違わずお年寄りの多い街だった。
このおばあさんは私が店に入ってから出るまでずっとこの体勢で静止していた。あまりにも動かないと「ひょっとして死んでんじゃ…」と不安になる。
もしかしたらこの店の置き物かもしれない。




・体から声が聞こえるジイサン


お店でコーヒーを飲んでいると、どこからか小さーい声が聞こえてくる。 出どころはたぶん、このおじいさん。
ラジオ?と思ったけれど、こんな小さい音じゃ本人も聞こえないだろう。
なので、中に誰かいるんだと思う。




・仲良し2人組


女子高生か!っていうくらいキャッキャキャッキャ楽しそうにしているおじいさんの2人組。こういう楽しそうなおじいさんたち、いろんなところでたまーに見かけるんだけど「お前ら仲良いな!」と言いたくなる。3~4人の団体の場合もある。
しかし楽しそうでなによりだ。





巣鴨はお年寄りも多いけど、子どももたくさんいて走り回っていた。いい街だな~と思いました。
巣鴨にもステキな喫茶店がたくさんあって、何軒かはしごしてみた。喫茶スカイのナポリタンが美味しかった。また食べたい!


この連載は、ゆめ子が全国津々浦々いろんな喫茶店を巡って、ナイスなお客さんをレポートしています。
次回は12月31日(水)配信予定です。見てね~!