喫茶店のお客さん観察日記:第14回~ちょっと苦手なお客さん編~

2014/12/3 18:00 ゆめ子 ゆめ子





喫茶店のお客さん観察日記:第14回
~ちょっと苦手なお客さん編~

日曜日の午後3時
東京都渋谷区のとある喫茶店にて
※コーヒー1杯 450円~





・いけすかない系男子


イスの上であぐらをかいてくつろぐ男子大学生。喫茶店やファミレスなんかでもたまに見かける。
その頭どうした!?と聞きたくなるオバちゃんパーマ。「女とは」を語る大きな声、中途半端な関西弁が耳ざわり。
取得単位が少ないことを武勇伝かのようにアピールしていたが、大学のためにもさっさと卒業してほしい。




・スーパー就活生


喫茶店にいるとスーツ姿の就活生の団体に出くわすことがある。ここは面接会場か?っていうくらい熱いディスカッションが繰り広げられており、就活の大変さが伺える。
たまに本とかすごいたくさん読んでるんだろうなーと思わせる理詰めのロボットみたいな子がいたりする。そんなに本を読んでも、会社に入れば論理的思考が全く通用しない上司から理不尽な無理難題を突きつけられてしまうのが現実である。ぜひともたくましく生き抜いて欲しい。




・チャラい男子3人組


派手な格好をした男子大学生が店に入って来ると、条件反射で「うわヤダな」と思ってしまう。
しかし、彼らは大騒ぎするわけでもなく、偉そうに女を語るわけでもない。それどころかタバコの煙が隣りの人にかからないように気遣いをみせるいい子たちだった。
人を見た目で判断してはダメですね。





今まで大学生が来るようなお店は避けるようにしてきたけれど、今回観察してみて、意外といい子たちの方が多いのでは?って思った。
たまには勇気を出して大学生観察もしてみようと思います。


この連載は、ゆめ子が全国津々浦々いろんな喫茶店を巡って、ナイスなお客さんをレポートしています。
次回は12月17日(水)配信予定です。