お茶に含まれるビタミンCはレモンよりすごかった!

2015/2/4 10:10 satomin satomin


こんにちは。satominです。
風邪予防や免疫力、抗酸化作用になにかと良いといわれるビタミンC。フルーツや野菜に多く含まれているイメージが強いけど、「お茶」にもビタミンCがたくさん含まれているって知ってましたか?

そもそも保健機能食品の「お茶」にはトクホとして話題の「カテキン」など、健康によい成分が多く含まれていますが、ビタミンCも豊富なのです。「煎茶」のビタミンCはレモンの3~5倍と言われています。ちょっと意外ですよね。


レモンの3~5倍も含まれるビタミンC

「煎茶」を1日4、5杯飲むと、成人の1日のビタミンC推奨摂取量の4割程度は摂れるとか。外食やコンビニ弁当ばっかりという、野菜をそんなに食べないという方も、昼食や夕食時お茶にするだけでもビタミンCの摂取量が増えますね。風邪が流行る冬場にはぜひ摂りたい飲み物です。


ここでポイント!

お茶といってもどのお茶でもいいというわけではありません。

ビタミンCは非常に酸化しやすい為、酸化度の高い「烏龍茶(青茶)」や「紅茶」にはあまり含まれていません。では、「緑茶」がいいかというと、そうでもないのです。
ビタミンCは日光で生成される為、被覆栽培の「玉露」や「抹茶」、「かぶせ茶」よりも「煎茶」などのほうが多く含まれています。また、ほうじ茶はカフェインが少ないですが、その他のカテキン、ビタミンCなどの成分も少なくなります。なので、「緑茶」の中でも「煎茶」を飲むのがよいでしょう。


「ビタミンCは熱に弱く壊れやすいイメージがあるけど熱いお茶ってどうなの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。でも、大丈夫。
野菜に含まれるビタミンCは熱に弱いのですが、お茶のビタミンCは壊れにくく安定しているのが特徴なのです。お茶ってすごい!
しかも、ビタミンCは水に溶けやすい性質があるので、お茶にして飲むのにも適しているといえます。

ビタミンCは風邪予防のほかにも、アンチエイジングや美肌といった女性にはうれしい作用もあります。お肌のシミ・ソバカスの原因、メラニン色素の沈着を防ぐ作用があるので夏の日焼け後にも最適。仕事のストレスなどで肌がボロボロという方もぜひ「煎茶」を日常の飲料にとりいれましょう。お茶にはリラックス効果がある「テアニン」も含まれているので、美肌+ストレス緩和にもなりますよ。


まったりお茶を飲んでリラックス



ペットボトルのお茶は他の原料も含まれていたり濃度も薄いので、急須で茶葉から淹れた「煎茶」のほうがビタミンCを摂るにはオススメです。


上級な「煎茶」ほど含有量が多い


ちなみに、ペットボトルのお茶のラベルをみると、原材料名のところに「ビタミンC」と記載がありますが、このビタミンCは酸化防止剤なので、お茶に含まれている成分とは別です。


冬の風邪予防にも、美肌やアンチエイジングのためにも、ビタミンC摂取に「煎茶」を飲んでみてはいかがですか?
お茶の葉の色沢が良い、上級茶のほうがビタミンCの量も多い傾向なので、ちょっとよい「煎茶」を自分用に選ぶのもまた楽しいかもしれません。
ただし、夜寝る前はカフェインで目が冴えてしまうのでほどほどに。


(satomin@日本茶インストラクター)


■「お茶・日本茶・TEA」記事一覧
底を押すとニョキッと出てくる!静岡県民に愛されている川根の「お茶羊羹」
お茶を丸ごと食べる!パリパリほろにが「新茶の天ぷら」
神秘の島、東洋のガラパゴス「屋久島」のお茶はどんな味?
まだコーヒー飲んでるの?世界的にいまお茶が熱い!全米で50店舗の日本茶カフェを展開
ほんのり桜の香りがする日本茶
日本上陸目前!スタバのお茶専門店「ティーバナ」ってどんなお店?
いちごイヤー(2015年)&いちごの日に飲みたい!可愛いすぎる「苺が浮かぶ、紅茶。」