カラフルな色使いのヒミツとは…自閉症の男の子が描く数字のイラストがかわいすぎる(1/4)

2018/2/16 13:50 フレネシ フレネシ


お久しぶりです。フレネシです。




インスタグラムで「数字」か何かのハッシュタグを検索していたところ、偶然出会ったのがこちらの投稿画像。


中心に大きく描かれたエメラルドグリーンの「2」の字体のかっこよさ。そして、その周りに散りばめられた他の数字の色味と隅の方のマークやひらがなが何ともいえずカワイイ…。

どんな人がどういった意図で描いたものか気になり、早速アカウントをフォローして他の投稿画像をのぞいてみると…


こっちの数字もすごく洒落ている。どの数字もずっと見ていられる…。数字なのにすごくかわいい。


細く撚った粘土で形作られた数字。どこか懐かしさを感じるような、それでいて初めて出会うような、魅力あふれる字体。

こうした「数字」モチーフのアート作品が多数投稿されている、haruchan123456artさんのアカウント。プロフィールには、「自閉症の息子 はると(2000年生まれ)の作品を紹介します」とあります。

悠斗(はると)くんは新潟県上越市に住む、18歳になったばかりの少年。物心付いた頃から数字が好きで、クレヨンで描くようになると、紙からはみ出し、床でも天井でも壁でも、どこであろうと構わず描いてしまうほど、のめり込んでいったのだとか。

そんな悠斗くんのお母さんに、悠斗くんに関する10の質問に答えていただきました。


    次へ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4