スヌーピー好きは集まれ~!な喫茶店

2017/10/28 11:00 レモン糖の日々 レモン糖の日々


その名も 喫茶すぬーぴー!



期待通り店内はスヌーピーグッズでいっぱい。しかも、なつかしいやつ多め!





電話の飾り方!



さりげないところにも。



この(左奥にある)鳩時計的な時計は時間になったらウッドストックが出てくるのかな?



ドリンクについてきたおつまみのお皿もスヌーピー。





昔はマッチにもスヌーピーが描かれていたんですって!今は残念ながら在庫ゼロですが、手作りのショップカードがかわいい。 一枚一枚シールが貼ってある!



マスターが独身の頃に始めた喫茶すぬーぴー、半分冗談のつもりでつけた名前だったそうですが、愛されて三十数年。のんびりした時間が流れていました。





手書きのメニューにほっこり。





やっぱりスヌーピーがお好きなんですか?という質問にママさんは
「それほどスヌーピーに思い入れはないんです」という意外なお答え(笑)。
そんなママさんの醸し出すゆったりとした雰囲気も心地よくて、ついつい長居したくなりました。



レモン糖度 85

喫茶すぬーぴー 名古屋市天白区御前場町321



次回もお楽しみに。

(文と写真:レモン糖の日々)

《お知らせ》
11月18日(土)に豊田中日文化センター主催で、「純喫茶さんぽ」という講座を再びさせていただくこととなりました。名古屋で美味しいモーニングを食べて喫茶店巡りをしませんか?喫茶店について語り合いましょう。ご都合のつく方は遊びにいらしてください。お手製の「レモン糖の日々の喫茶店案内」と喫茶店のマッチのおみやげ付き。

詳しくはこちらまで→豊田中日文化センター11月の特別・体験講座


《関連コラム》

・【とってお喫茶】魅惑のペアクリームソーダ(連載 第一回)
・【とってお喫茶】喫茶店のマッチ(連載 第二回)
・【とってお喫茶】外観のかわいい喫茶店(連載 第三回)
・【とってお喫茶】喫茶・軽食山百合(連載 第四回)
・【とってお喫茶】50年も営業、紫の扉の忘れがたいほどレトロな純喫茶とは(連載 第五回)
・【とってお喫茶】秘境喫茶!?いくつもの山を越えてたどり着く純喫茶(連載 第六回)
・【とってお喫茶】ファンシーきつねが目印、街のかわいい喫茶店(連載 第七回)
・【とってお喫茶】藤城清治さん風の影絵がかわいい喫茶店、実はマスターが…(連載 第八回)
・【とってお喫茶】名古屋の「イノダコーヒ」。不覚、私も見過ごしていた名古屋の超正統派喫茶店(連載 第九回)
・【とってお喫茶】店先にメリーゴーラウンド!でもそれ以上に違和感満載の店内にドキドキ(連載 第十回)
・【とってお喫茶】戦前から続く6軒長屋の小さな喫茶店(連載 第十一回)
・【とってお喫茶】「まるで山小屋?ここはほんとに岐阜の中心街?」な喫茶店(連載 第十二回)
・廃業したパン屋の奥にある秘密の喫茶店(連載 第十三回)
・かわいいおばあちゃんの手作りサンドウィッチがおいしい喫茶店(連載 第十四回)
・感動的純喫茶が地下に密かに(連載 第十五回)
・不思議な絵の看板の奥に…ママの「好き」がいっぱいの喫茶店(連載 第十六回)
・マトリョーシカにアイヌの木彫り…旅の欠片を見つけに行く喫茶店(連載 第十七回)
・「しなの」号のトレインマークに鈴木悦郎の食器…電車好きで乙女なアナタににおすすめのノスタルジック喫茶店(連載 第十八回)
・昔の恋人が店名の秘密!?ちょっとだけ刺激の欲しいアナタにおすすめの喫茶店(連載 第十九回)
・珈琲駅行の切符(連載 第二十回)
・「キューピット」っていう飲み物知ってる?(連載 第二十一回)
・80種類も!?80s気分にどっぷり浸れる自家製ジェラートのパフェ専門店(連載 第二十二回)
・昭和のスターたちのサロンだった!?ミーハー心がくすぐられる、秘蔵の純喫茶(連載 第二十三回)