【とってお喫茶】50年も営業、紫の扉の忘れがたいほどレトロな純喫茶とは(1/2)

2017/1/28 11:00 レモン糖の日々 レモン糖の日々


こんにちは、レモン糖の日々です。

紫色の扉の向こうには…



「純喫茶」の文字があるから大丈夫。そうやってちょっと言い聞かせたのは、扉の向こうが見えなかったから。ほんのちょっと入るのに勇気がいったのです。

こぼれ見える照明から、きっと素敵な純喫茶に違いないという期待は、裏切られませんでした。

    次へ

  1. 1
  2. 2