かわいすぎ閲覧注意…「ファンシー絵みやげ」で振り返るメルヘンしおりイラストしおり(1/3)

2017/10/13 12:00 山下メロ“院長” 山下メロ“院長”

お久しぶりです。平成元年あたりのカルチャーを発掘調査している山下メロと申します。80年代とも90年代とも違うその時代を、平成レトロとして愛好しております。


↑ライブ中に真剣にネットサーフィンしています。

当連載では、80年代から平成初期に流行した「ファンシー絵みやげ」から、当時の流行を紹介していきたいと思います。「ファンシー絵みやげ」とは80年代からバブル経済期~崩壊を挟んで90年代まで、日本の観光地で若者向けに売られていた、かわいいイラストが印刷された雑貨みやげのことです。



「ファンシー絵みやげ」については連載第一回をご覧ください。

■ 江の島の出会い

神奈川県の湘南地区にある江の島は、都心から近い観光スポットとして今もなお人気で、海水浴シーズンが過ぎようとも人で溢れています。そのため土産店の近代化が進んでおりますが、ときおり懐かしいものが見つかることがあります。中でもメルヘン系の紙モノにはなかなか出会えないのですが、偶然にも1つ見つけました。



それがこの「イラストポエム集 旅するとき…」です。ファンシー絵みやげよりも少し牧歌的で、少女漫画などのタッチにも通じるものがありますね。かつての観光地にはたくさん売られていたのですが、今ではすっかり見かけなくなりました。



中はこのように、表面にカラーイラストの描かれた厚紙にリボンを結んだしおりのセットが入っています。裏面は単色刷りで同じ絵柄ですが、表面はすべて別のイラストになっています。

さらに同じ店で、ファンシー絵みやげがないか調査を続けていたところ、耳を疑うような言葉が聞こえました。

「あ、これお母さんが絵を描いてるしおりだ。買わなきゃ」

??????

時間が止まりました。



しおりセットの裏側に直筆でメッセージを書かれている多美先生???



しおりセットを開けると出てくるベレー帽の自画像の大門多美てんてーがお母さん!?

    次へ

  1. 1
  2. 2
  3. 3