驚異の木版画 吉田博の没後70年展が開催

2021/1/20 21:10虹

▲《日本アルプス十二題 劔山の朝》 大正15(1926)年 木版、紙 37.0×24.8cm  薄暗い野営地の向こう、尾根が朝日を受けて薔薇色に染まる一枚。  日本アルプスの印象的な瞬間を描いたこの木版画は《日本アルプス十二題 劔山の朝》、作者は吉田博です。  繊細な色彩と陰影で構成される吉田博の版…