他にもあった!あのスケルトントイレに続く有名建築家のトイレ

2020/10/11 11:30KINKIN



以前SNSなどで話題になった透明なスケルトントイレ、こちらでも記事にしました。


話題のスケスケトイレは壮大な計画の始まりだった
https://ima.goo.ne.jp/column/article/8820.html

渋谷区の公共トイレをリニューアルする計画「THE TOKYO TOILET」。この透明トイレはそのうち最初に手掛けられた二つ。有名建築家 坂 茂デザインのものでした。

この渋谷区のトイレリニューアル計画全17か所のうち、この2020年、既に7か所のトイレリニューアルが完成。残る10か所は来年2021年の完成予定です。



THE TOKYO TOILET
https://tokyotoilet.jp/


前半戦の2020年の7か所のトイレをデザインしたのは坂 茂(2か所)、片山正通/ワンダーウォール、槇文彦、田村奈穂、坂倉竹之助、安藤忠雄

来年完成予定の10か所は小林純子、マイルス・ ペニントン/東京大学DLXデザインラボ、藤本壮介、伊東豊雄、マーク・ニューソン、NIGO®、隈研吾、佐藤カズー/Disruption Lab Team、佐藤可士和、後智仁

ものすごい面々ですね。建築家やデザイナーなど有名クリエイター達が手掛けたトイレを見ることができるなんて!まずは2020年完成の7か所すべて見てきました。



はるのおがわ コミュニティパーク(2020年8月5日 オープン)
坂 茂 デザイン

https://tokyotoilet.jp/haruno_ogawa/






坂 茂の1つ目のトイレは優しい3色にわかれた透明の箱。中に入って鍵をかけるとガラスが一瞬で不透明になる仕掛けです。



代々木深町小公園(2020年8月5日 オープン)
坂 茂 デザイン

https://tokyotoilet.jp/yoyogifukamachi_mini_park/






坂 茂の2つ目のトイレははるのおがわ コミュニティパークの色違い。こちらは少しはっきりした信号のような3色。透明の仕掛けは同じです。



恵比寿公園(2020年8月5日 オープン)
片山正通/ワンダーウォール デザイン

https://tokyotoilet.jp/ebisu_park/






インテリアデザイナー片山正通(ワンダーウォール代表)のトイレは木目模様のようなコンクリート板を積み木のように組み合わせた迷路のようなつくり。



東三丁目公衆トイレ(2020年8月7日 オープン)
田村奈穂 デザイン

https://tokyotoilet.jp/higashi_sanchome/






プロダクトデザイナー 田村奈穂のトイレはとても狭い三角形の空間に建てられていて、うまく仕切られています。赤い色が目を引きました。



恵比寿東公園(2020年8月7日 オープン)
槇文彦 デザイン

https://tokyotoilet.jp/ebisu_east_park/






大御所建築家 槇文彦のトイレはタコ公園にあるイカの様なトイレ。個室が囲む中庭や、休憩ができるベンチなどを備えています。



西原一丁目公園(2020年8月31日 オープン)
坂倉竹之助 デザイン

https://tokyotoilet.jp/nishihara_itchome_park/






建築家 坂倉竹之助のトイレは夜になると全体が光り、内側にプリントされた樹のグラフィックが透けるでしょう。昼には外の樹々が揺れる影が壁に映ります。



神宮通公園(2020年9月7日 オープン)
安藤忠雄 デザイン

https://tokyotoilet.jp/jingu-dori_park/






世界的な建築家 安藤忠雄のトイレは屋根が張り出した雨宿りのできるトイレ。スリットから光が入り込むデザイン。宮下公園の北側にあります。


代々木公園駅周辺に2か所(はるのおがわ コミュニティパーク、代々木深町小公園)、恵比寿駅周辺に3か所(恵比寿公園、東三丁目、恵比寿東公園)、幡ヶ谷駅近くの西原一丁目公園、渋谷駅北側の神宮通公園というラインナップです。

公共トイレのイメージを変えていく今回のリニューアル計画。ぜひ、近くに行った際には見て(ご使用してみて)ください。