【秋を200%楽しむ!】アート作品から本のしおりを作る『芸術×読書の秋』

2020/9/25 19:50明菜明菜

こんにちは、「秋めいてきたな〜」と感じる間もなく秋になっていた、美術ブロガーの明菜です。すっかり秋ですね。



読書の秋ですが、皆さん、しおりは何を使っていますか?私はレシートとか挟んでおきます。先日はクレジットカードを挟み、そのまま紛失しました。

生活態度を改め、無くさない思い入れのあるしおりを作ろうと思い立ちましてね。フランスの絵画の一部分を使って、折り紙してしおりを作ってみたところ!


意外と反響があったんですよね。私のアカウントの感覚だと、40いいねはバズ、それも大バズです。

実はこのしおり、美術館でもらえる無料のパンフレットを切り抜いて作りました。同じ要領で、チラシチケットの半券でも作れます。



前置きが長くなりましたが、今回は『美術館のチラシのお気に入り部分を使って、本のしおりを作る方法』をお伝えします!芸術と読書を合体させ、200%に濃縮された秋を楽しみましょう!

■しおりの折り方
既にちゃんと説明してくださっているサイトがあるので、こちらをご覧いただければと思います。「本を売るなら♪」でおなじみのブックオフさんのコラムです。
簡単な手作りしおりの作り方!好きな折り紙を用意するだけでOK

折り方はとても簡単ですよね!しかし、難しいのはその前です。



上記のサイトは折り紙を使っていますが、私たちはチラシの一部分でやろうとしています。つまり、どうやって紙を切ったら好みの柄が表に出るのかを計算して、紙を切り抜かないといけないんです!

この記事では折り方ではなく、紙の切り抜き方を解説していきますね。次のページから、早速はじめて行きましょう!

    次へ

  1. 1
  2. 2