鳥山明、SDガンダム…デフォルメ文化の父・チョロQの中村安広さんを振り返る【ファンシー絵みやげ】(1/2)

2020/6/5 12:00山下メロ山下メロ


■ 中村安広さんの訃報



チョロQのパッケージイラストで有名な中村安広さんをご存じでしょうか。小さい頃にチョロQで遊んだ人なら、イラストに馴染みがあるかもしれません。チョロQとは、後ろ向きに引っぱってから手を離すと、前に向かって走る自走式のミニカーです。





そのパッケージイラストを手がけていたイラストレーターが中村安広さん。甥っ子さんとみられるアカウントのツイートよると、今年の1月9日に亡くなられたとのことです。


中村さんはチョロQ関連のイラストを多数手がけられました。手元にある当時のチョロQカタログにも、似たようなイラストがあり、おそらく中村さんの手によるものと思われます。





中村さんのイラストは今見ても新鮮で、特徴的です。玩具としてのチョロQのパッケージだけでなく、チョロQ関連のビデオゲームのパッケージも手がけられました。

中村さんのお仕事は、チョロQだけに限らず多岐に渡っていました。中でも有名なのは『ラジコンマガジン』の表紙イラストです。




このように、多くの反応が寄せられました。中でも印象的だったのは、海外からも多数の反応があったことです。



このツイートにも鳥山明さんのことが書かれています。続いて中村さんの与えた影響について見ていきましょう。

    次へ

  1. 1
  2. 2