在宅勤務などで【集中できない時に】家でやる気を出す方法

2020/4/20 08:00スピリチュアル占い師 CHIEスピリチュアル占い師 CHIE


こんにちはCHIEです!

自粛期間中、家で仕事をしている方が多いと思いますがもう慣れましたか?

家で仕事をすると時間に縛られない自由さがある反面、なかなかやる気が出なかったり、終わりの境目が分からなくなったりしますよね。

職場に行くことで切り替えていたスイッチが入らなくなって、怠けてしまっている方も多いのではないでしょうか?


今回は、【家でやる気を出す方法】をご紹介したいと思います!





■家だと仕事が出来なくなるワケ




そもそも普段職場に移動して働いていた人が、家で仕事をするのは大変です。

なぜなら家=休息する場所だからです。

身体は記憶しています。
どんなに思考でコントロールしようとしても、家の空間にいると身体は“ここでは休んでいいんだ”と思い、力を抜くようになります。

家でスイッチを入れるのは大変。
しかし、普段とは違う動作を取り入れることで簡単にメリハリがつくようになります。


■朝起きたらやることを紙に書き出す




先述したとおり、身体にはメモリーとしての機能があります。

学生時代に勉強をやる気になれなくても、ノートを広げてペンを握ってみると自然とやる気が出てきた経験があると思います。

身体に残っているその記憶を使うことで自然とやる気が出てきます。

朝起きて寝ぼけた状態でも、とりあえず紙とペンを握りましょう。
そして今日やることを書きだしてみてください。

紙に文字を書いているうちに脳も起きてきて、自然とやる気スイッチが入るようになります。


■やる気が途切れたら「水」に触れる




やる気を出したものの、集中力には限界があって途中で途切れてしまうこともありますよね。

そんな時には水に触れてみて下さい。

やる気がなくなる時というのは、ずっと同じ場所で同じ動作をしていることで“気”が停滞してしまうから、集中力が途切れて他のことをしてしまうのです。

水にはリセットの効果があります。

・手を洗う
・顔を洗う
・濡らした雑巾で机やパソコンのキーボードを拭く
(※私の一番のおすすめは机の水拭きです↑)




これだけでも“気”が新鮮になったのを感じて、やる気が再び出てくるようになります。
時間がある時はお風呂に入るのも効果的です。

怠けてしまいそうな気を“洗い流す”感覚で、やってみてください。


■やっている人を見て一緒にやる

人間は思っている以上に、周りの環境や目から入る刺激に影響を受けます。

食事後なのに、TVで食べている人を見るとお腹が空いてしまう経験ありますよね。

この影響を逆手に取って、やる気が出ない時はやっている人の動画を見ると、自分も一緒にやりたくなってきます。

最近ではYouTubeで【作業用】【一緒に勉強しよう】などのタイトルでいろんな動画が掲載されています。

仕事以外でも、掃除や片付けをしなきゃいけないのにやる気が出ない時など、掃除や片付けをしている人を見るだけで、自然と自分もやりたくなってきます。
(私はよく、こんまりさんの片付けの動画を見て自分もやる気をだしています。)

他にも、例えば文章を作らなくてはいけないのにやる気が出ない時、本を読んだり他の人が書いた文章を見たりすることでやる気が出てきます。


これはやる気を無理やり出す方法ではなく、自然と自分を導入していくやり方です。

手を止めて息抜きしたい時は、関係のないことをするのではなく、関係するものを見ることで自然とやる気が出てきますよ。


いかがでしたか?

今回は「やる気スイッチ」について私のやる気の出し方をご紹介しましたが、これを読んだだけでも少しやる気が出てきたのではないでしょうか?

参考にして取り入れていただけたら幸いです。
一緒に頑張りましょうね!☆




(スピリチュアル占い師 CHIE)