夫に「洗濯と皿洗いありがとう」とLINEしたら、◯◯との返答が…。ネット上で賛否の声

2018/8/6 11:18 いまトピ編集部 いまトピ編集部

「家事は奧さんに全部まかせっきり」という旦那さんは減っているようですが、それでもあまり家事を手伝わないという旦那さんも多いのが実情です。旦那さんに「やる気」はあってたまに手伝ってくれることはあっても、実際に毎日やってくれる人はそれほど多くないでしょう。

臨床心理士で育児系ライター、そして3児の母でもあるなぎさ(@naginagi233)さんがTwitterに投稿した、こんなツイートが話題になっています。



なぎささんが旦那さんに「洗濯と皿洗いありがとう」とLINEを送ったところ、「元気があるときはやるよ」という返事があり、「こっちは元気がなくてもやってるんだが?」とモヤモヤしたそうですが、すぐに「元気がないときはどっちも休めるような仕組みを作った方がいいな」「私がやってるんだからお前もやれ、はいかんな」と思い直したそうです。

このツイートを見た人からは、以下のようなコメントが…。





主婦の方は、なぎささんに同情する意見が多く見られるようですね。

一方、男性からはこんな意見があがっていました。





旦那さんは、奧さんに対して「照れ隠し」でこうした言い方をすることがあり、他意はないというもの。確かに、そういう人も多そうな気がします。

そして、男性の中にはこんな人も…。



す、すばらしいっ!!世の旦那さんの鏡ですね!すべての男性がこういう考えを持っていたら、夫婦ゲンカや離婚はかなり減るのではないでしょうか?

なお、解決策としてこのような意見があがっていました。参考になりますね!






「ポイント制」というのは面白いアイデアですね!このご夫婦のように、特にペナルティやお礼とかはしないでゆるく運用すれば、長続きしそうな気がします…。

さまざまなコメントの中、こんな意見もありました。



確かに、旦那さんも「元気が無くても仕事に行ってる」んですよね。共稼ぎ夫婦だったり、明らかに奥さんの負担の方が大きい場合以外は、こうした旦那さんへの思いやりも必要なのかもしれません。

(いまトピ編集部:ヤタロー)