有名海外自動車メーカーの名を冠するベビーカー3選

2017/11/1 12:40 ブーストマガジン ブーストマガジン


男であれば、一度は「乗ってみたい」「購入したい」と考える外車への憧れ。日本車にはないエンジン音や独特の重厚感など、外車ならではの優越感みたいな感覚がありますよね。

 ただ、問題はコスト面。小型かつ低価格なモデルも充実してきましたが、外車ならではの迫力は、やはり上位モデルのものが圧巻しています。

 憧れだけの存在かと思いきや、一般市民でも手を出せる外車もあります。それは、「ベビーカー」。

 海外自動車メーカーのベビーカーが日本でも発売されていることはご存知でしょうか。価格はメーカーによってばらつきがあり、一般的なベビーカーの平均価格に近いものや、抜きんでて高級なものまでありますが、車に比べれば超激安!

 今回は、パパの「外車を乗り回したい!」という感覚を満たしつつ、赤ちゃんを外車仕様で守ってくれる素敵なベビーカー3台を紹介致します。

フォルクスワーゲン


フォルクスワーゲンGTIデザインベビーカー

 VGJ(フォルクスワーゲン グループ ジャパン)から発売中の、スポーティモデル『GTI』のデザインをもとに生み出されたGTI ベビーカー。東京オートサロンといったイベント会場で参考展示をしていましたが、好評判だったことを受けて発売が決定。

 販売時価格は、なんと税別13万円!ドイツのベビーカーメーカー「knorr-baby」 とVGJが共同で開発した最高級品です!

 GTIのデザイン哲学が細部に渡って反映されており、GTIカラーの鮮やかな赤いアルミニウムフレーム、タータンチェック柄のシート、サイドのハニカム構造デザイン、スライドハンドルのGTIステッチなど、洗練されたクールな仕上がりになっています。

 さらに、こだわりはデザインだけではありません。足回りには乗り心地をサポートするサスペンションが搭載され、キャスター回転には四輪を採用。簡単に足でロックすることができるので、利便性と安定性は抜群。取り換えが簡単なキャリーコット(ベビーベッド)とスポーツシート(ベビーシート)、オムツやお尻ふきといった赤ちゃん用アイテムを収納できるショルダーバッグ、急な雨にも対応可能なレインカバーなどもセットとなっています。


こだわりはデザインにも乗り心地にも使いやすさにも

 最上級の品質を持つベビーカーにわが子を乗せて、優雅にお散歩してみませんか?周りのパパたちと差をつけたい方は必見の一台ですよ。

JEEP


アウトドア好き必見のアメ車!JEEP!

 ベビーカーは大きく分けて、A型とB型の2つのタイプがあります。JEEP のベビーカーJis for Jeepは、生後1か月から使えるA型タイプではなく、赤ちゃんがお座りできるようになってから乗るタイプのB型タイプ。

 JEEP車は、軍用車両を元祖としたメイドインUSAならではのスケール感溢れるごっつい車。もちろん、ベビーカーも頑丈です。

 B型のベビーカーのタイヤサイズは直径14cmですが、Jis for JeepのB型ベビーカーは約15cmとやや大きめで、3Dソフトサスペンションを装備。段差のある道路であっても、つまずくことなく通行できるので、とっても安心ですね。 タイヤ、フレーム、シートはシンプルながら耐久性が感じられ、アメ車ならではの重厚感を感じさせます。

 重量は5kgと、3.5~4kg前後の重さが一般的なB型ベビーカーとしては重い部類に入りますが、そのぶん強度と安定した乗り心地を確保しています。

 一方で、折り畳んだ時のサイズは、W23cm D30cm H107cm。ごつごつしたビジュアルで頑丈なつくりの割には、コンパクトにすることができるのです。電車やバスに乗るときなど、どうしても折り畳まないといけないシーンでも、いかついベビーカーがあっという間にコンパクトに。機能性が充実していて本当に便利です。


折りたたんだ姿は非常にコンパクト!

※JEEP(R)はFCA US LLCの登録商標です。(株)ティーレックスはライセンスのもとに使用しています。

 B型のベビーカーの価格は2万円以上が主流のなか、2017年1万円前後。頑丈かつコンパクトに折り畳めて、この価格は安い!

 ゴツい車のフォルムが好きな方や、アウトドア好きで多少荒れた道でも安定感が落ちないベビーカーがほしい、子どもとの外出が多いから強度のあるベビーカーを希望しているというご家族に注目していただきたい一台です。

Maclaren×BMW


ベビーカーの原点×BMWにインスパイアされたデザイン

 Maclaren (マクラーレン)は、イギリスに本社を置く保育用品メーカーとして名の知られた存在。世界初となる折り畳み式乳母車(ストローラー)を1967年に発表し、今では当たり前となった折り畳み式ベビーカーの原点とされています。

 Maclarenならではの操作性の高いベビーカーは、その後の子育てスタイルを一変させたといっても過言ではありません。優れた性能とスタイルに魅了されたファンは数多く、50ヵ国以上もの国で販売されるほど。英国王室をはじめ、世界中のセレブから長く愛され続けています。

 そのMaclaren とBMWとのコラボが実現し、両社の叡知の結集によって開発された高級ベビーカー、BMW「M」は販売と同時に大きな話題になりました。


随所にBMWのエンブレムが光る!

 お子様の体形に合わせて作ったシートライナー、高級感あふれるレザーハンドルなどを装備。1つのブレーキペダルを踏むだけで2つの後輪を同時にロックできる連動フットブレーキ機能。超軽量フラットフリーEVAタイヤが採用されているので、快適な乗り心地を提供してくれます。タイヤのホイール部分と5点式ベルトにはBMWのエンブレムがついているので、BMWならでのゴージャス感に浸ることができます。

 価格は7万8千円ですが、Maclarenのすべてのベビーカーは購入時の登録で永久保証が適応されるので、決して高くはないでしょう。赤ちゃんの首が据わってくる生後6ヵ月頃から3~4歳まで(体重15kgまで)の使用が可能です。

0歳から外車を楽しもう!

 一般的な家庭だとちょっと手が届かないイメージの高級外車でもベビーカーなら話は別!どの外車もメーカーのスピリット受け継ぐ一台です。

 周りのパパと差をつけたい方や、ベビーカーという形でもいいから手軽に外車を乗り回したい、という方は一度お店でその押し心地を体験してみてください。国産車とは一味違う気分が味わえるかもしれません。できれば赤ちゃんにも試乗させてあげてくださいね。

【合わせて読みたい】

■子供が新時代を生き抜くカギとなる、世界が注目のSTEM教育とは?

■販売開始後すぐに売り切れのメーカーも! 今話題のラン活とは? まだ間に合う買い方も伝授します

■小児科医直伝 スマホと子育て