前園さんの言う通り!…「ファンシー絵みやげ」で振り返るJリーグPK戦!(1/2)

2017/7/21 12:00 山下メロ 山下メロ

お久しぶりです。平成元年あたりのカルチャーを発掘調査している山下メロと申します。80年代とも90年代とも違うその時代を、平成レトロとして愛好しております。



当連載では、80年代から平成初期に流行した「ファンシー絵みやげ」から、当時の流行を紹介していきたいと思います。「ファンシー絵みやげ」とは80年代からバブル経済期~崩壊を挟んで90年代まで、日本の観光地で若者向けに売られていた、かわいいイラストが印刷された雑貨みやげのことです。



「ファンシー絵みやげ」については連載第一回をご覧ください。

■ Jリーグの成熟期

前回、前々回とJリーグブームを紹介しましたが、まだまだJリーグには語り尽せないほど色々な出来事やアイテムがありますので、さらに紹介していきたいと思います。

1980年代のサッカーブームの流れを受けるように1993年に開幕した日本初のプロサッカーリーグであるJリーグは、10クラブで始まりましたが毎年のように参加クラブが増えていき、加入希望クラブも増加していき数が多くなっていきました。そこで下部組織J2リーグやJ3リーグを発足させ、Jリーグは巨大化していったのです。


↑クラブ数が増加した後の、高級感あふれるゴールドを基調としたキーホルダーたち。各クラブは欧州のクラブチームに倣ってシールド型などのエンブレムを作っていて、大人向けの商品に使用していた。

■ 新たなCMスターJリーガーの誕生

前回、前々回はヴェルディ川崎のラモス瑠偉や鹿島アントラーズのアルシンドなど、Jリーグ元年1993年ごろの人気選手のCM進出を紹介しましたが、参加クラブが増えていった頃に新たなスターが誕生しました。後から加入したクラブ・ベルマーレ平塚の中田英寿を従えた、横浜フリューゲルスの前園真聖です。

↑日清食品 ラ王のCM。1996年。当時横浜フリューゲルスの前園真聖と、当時ベルマーレ平塚の中田英寿が出演している。

その後、海外で大活躍し日本代表のキャプテンにまでなる中田英寿にもこんな時代があったのですね。そしていよいよゾノは「前園さん」へと進化しました。

↑1997年。マンダムの整髪料AS.ISのCM。「前園さんの言う通り」の歌が印象的。この年、前園真聖は読売ヴェルディへ移籍している。

■ Jリーグと音楽

Jリーグ元年の1993年には日本代表のテーマソング THE WAVES『WE ARE THE CHAMP ~THE NAME OF THE GAME~』が発売されてヒットしました。


↑画像が車内なのは保護活動中に撮影したため。


Jリーグの楽曲ではなく日本代表ではあるものの、明らかにJリーグの流行によって作られそして大ヒットしました。こちらはアイドルグループ・光GENJIから生まれたSAY・Sというユニットも競作扱いで同時リリースしています。


↑一緒に保護活動を行っているヘッチャリンコさんに借りました。


個人的には、子供向けに日本語でカバーされたポンキッキーズバージョンをおすすめします。


    次へ

  1. 1
  2. 2