アイドルの自宅映像で「炎上」勃発?ドラマ『武道館』第6話を前におさらい

2016/3/12 12:00 小池啓介 小池啓介


日本武道館での公演を目指し活動を続けるアイドル・グループ「NEXT YOU」の軌跡を描いた朝井リョウの長編小説『武道館』

本年2月6日からスタートしたそのドラマ版は、現実のアイドル・グループであるJuice=Juice(ジュース・ジュース)が作中の「NEXT YOU」を演じるということでも話題になっています。


■前回までのおさらいを

3月5日の時点で第5話までが放送されていますが、物語はちょうど、転換点を迎えたところ。第6話を前に、ちょっと各話のおさらいをしてみたいと思います。

「水着」や「グラビア」に関する活動にフォーカスした第2話でNEXT YOUは、水着姿でグラビアを飾る企画に参加します。そんななか、安達真由(=高木紗友希)は自分が太り気味なことに悩み、ついに水着仕事はやりたくないといいだしてしまう。

昨今のいわゆるライブを中心に活動するアイドルで、水着になってグラビアに登場する人たちは実際そう多くはいません。ただ、容姿が人気を左右する部分は少なからずあるのでしょう。

第3話では、メンバーの鶴井るりか(=宮崎由加)が“接触”イベント終了後に、刃物を持った男に襲われるというショッキングな事件が起こります。もろに実際に会った事件を下敷きにしたこの回のテーマは「知名度アップ」。原作では別のメンバーがテレビに単独出演したさいに、たまたま映った自分の部屋の映像から「炎上」さわぎが勃発してしまうのですが、ドラマ版はもっと過激な内容になっていました。

しかし、それすらも知名度アップのチャンスととらえる運営。さすがにここまで度を越したスタッフが現実にいるとは思いたくありませんが、どんなきっかけであれ、まずは知られなければはじまらないのは現実のアイドルも(その他あらゆる文化も?)一緒なのかもしれません。

メンバーが襲われるという事件によって、皮肉にも世間から知られはじめたNEXT YOU。第4話では堂垣内碧(=植村あかり)にドラマのオファーが舞い込み、それをきっかけに映像方面から注目をあつめ、彼女には個人の仕事が増えていきます。いわゆる「グループ内格差」といえる状況がNEXT YOUのなかに発生していくのです。

第5話でクローズアップされるのはリーダーでもある坂本波奈(=金澤朋子)。メンバー全員でトーク番組のMCをつとめることになり波に乗っているNEXT YOUですが、波奈は20歳を迎える自分の年齢がアイドルとしては若くないと考えています。アイドルにとって「年齢」の壁は大きなもののようです。 そしてこの回では最後に、メンバーの増員という突然の出来事がNEXT YOUに訪れます。どうなる、NEXT YOU?


■浮かび上がる大きなテーマ

各話、アイドル業界の独特のキーワードをテーマにストーリーをつくりながら、NET YOUのメンバーがそれぞれの試練を乗り越えていきます。個別のメンバーにスポットをあてて、それぞれの個性を浮かび上がらせているわけです。

原作のエピソードを活かし、それをちょこっと改変して、一話ごとに完結する物語に仕立て上げる脚本が巧みでおもしろい。Juice=JuiceもNEXT YOUになり切っていて、自然と、メンバーへの愛着も深まっていきます。

第5話までは一見すると一話完結のストーリーですが、気が付くと、初回から物語のなかで息づくふたつのテーマもまた、物語の中で育ってきました。

ひとつはグループの絆の深まり、それと裏腹にNEXT YOUに訪れる変化の予感。果たしてNEXT YOUは武道館へ行けるのか? という大きな興味。もうひとつは、初回からアイドル生活の反対側で進行していた、主人公である日高愛子(=宮本佳林)と幼なじみの大地との恋の行方。

そんななか、原作で大きなテーマとなっていた“武道館の後の人生”――武道館公演が成功したからといって、そこから先も人生は続いていくという現実。メンバーのなかでも、とりわけ日高愛子と堂垣内碧のふたりの心を強く揺さぶる、アイドルであることとそうでない自分との葛藤が、ドラマ版でもだんだんと浮かび上がっています。


【公式】土ドラ「武道館」第6話予告



■これからの展開が予想できない

初回を見た当初、僕は、原作の“重たい”テーマを敢えてはずして、「武道館」と「恋愛」を軸にドラマ版はアイドルの成長物語をストレートに描くものと想像していましたが、どうやら違っていたようです。

種はまかれたといったところでしょうか。ドラマ版『武道館』、ここからが俄然おもしろくなるに違いありません。 予定ではあと3話でドラマは完結を迎えます。グループは武道館のステージを踏めるのか? 各メンバーはそれぞれどんな道を歩んでいくのか? 予想のつかないこれからの展開に期待と不安を高めながら、あと3回、土曜の夜を待とうと思います。

最後にまた、NEXT YOUでシングル『Next is you!』を。本当はドラマでもかかり始めた名曲『大人の事情』をお聴きいただきたいところですが、公式動画がアップされていないため、泣く泣く前回と同じくこの曲で締めたいと思います。

(小池啓介)





【関連コラム】
恋愛発覚で土下座…ドラマ「武道館」第1話がなんとも生々しい!
逆境こそが美味?SKE48とファンの熱い関係を読む
「アメトーーク!Perfumeスゴイぞ芸人」で見えた本当のすごさとは
アイドルだけど自作自演?「callme」って誰?
貧乏アイドルと崖っぷちのプロデューサーが放つ希望
センターはひげ男子、女性メンバーは全員が妻!「清竜人25」とは?

→小池啓介の記事を見る



原作はこちら
武道館
「武道館」朝井 リョウ (著)/文藝春秋