コロナ対策アイテムも!メトロポリタン美術館展のグッズが欲しすぎる件

2021/11/17 20:50明菜明菜

注目の美術展『メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年』が大阪市立美術館で開幕しました!


展示風景

会期終了後は、東京の国立新美術館に巡回する予定なので、関東の皆さん、どうかこのハンカチで涙をぬぐって……すっ(ポケットから丸まったハンカチを出す音)

ラファエロ、フェルメール、モネ、ルノワール、ゴッホなど、美術に詳しくない人でも知っている巨匠の作品が来日する本展。とても良い展覧会だった! ということは、すでにあちこちで触れ回っているのですが、もう一つ、忘れてはいけないものがありますよね。

……あ、違います、それじゃないです。……もう、何ぼんやりしてるんですか。グッズですよ、グッズ!



時流を読んでなのか、コロナ対策に使えそうなグッズが充実しておりました。しかも、ヨーロッパの絵画を活かしたデザインで、とってもおしゃれ!

というわけで、メトロポリタン美術館展に行ったらぜひゲットしたい華麗なるグッズたちを紹介していきます!

■タッチレスキーホルダー


タッチレスキーホルダー、1,540円(税込)

鍵のような形をしたキーホルダー。これ、エレベーターのボタンなど、「直接触るのはちょっとなー」というときに使えるんです!



私も気になってたんですよ……「お店に入るときにアルコールするのは良いけど、ポンプの押すところが超絶汚れてたらどうするん?」って……。あとクレジットカードで買い物するとき、店員さんに受け渡ししなくて済むのは良いけれど、暗証番号を押すボタンに疑いの目を向けたり……。

このキーホルダーは作りがしっかりしてるので、各種のボタンを押すときに重宝しそう。コロナ禍ならではの便利グッズです。

■マスクBOX


マスクBOX、900円(税込)。セザンヌ《リンゴと洋ナシのある静物》バージョン

口が大きめのティッシュケースのような箱。マスクをストックしておける箱なんです!

そういえば皆さん、マスクのストックってどこに置いてますか? 私は買ってきたときの箱に入れたまま、玄関に置いてます。でも美観は完全に損なわれてます、生活感丸出し。


モネ《睡蓮》バージョン

メトロポリタン美術館展のマスクBOXなら、未使用のマスクをおしゃれにストックできますね。柄はセザンヌ《リンゴと洋ナシのある静物》とモネ《睡蓮》から選べます!

■布マスク
布マスクは強烈なのがありました! メトロポリタン美術館の見取り図が描かれております。



これは何というか、不思議な商品です。自分が身につけても自分では見られないので、意味がないのでは……?

あっ、そうか、ほかの人に館内を案内するためのマスクってことか! 「地獄の人は長い箸で自分の口に運ぼうとして誰もご飯を食べられずにいるけど、天国の人は長い箸でほかの人に食べさせてあげる」という話を思い出しました。

■お菓子

メトロポリタン美術館があるニューヨークを感じるお菓子もおすすめ! コロナ禍で海外がより遠くなった今、異国の雰囲気を感じられるお菓子の存在は貴重です。


モネ《睡蓮》がパッケージになったN.Y. キャラメルサンド

なんと! 私の大好きな『N.Y. キャラメルサンド』を発見! 東京駅の八重洲口にある大丸に店舗が入ってるのですが、いつも大丸の外まで行列ができてるんですよね~。「今日も買えないなあ……」と諦めた日も多いので、展覧会で買って帰れるなんて最高!

しかも、モネ《睡蓮》を使ったパッケージです。ここでしか買えないやつ!

■メトロポリタン美術館展はグッズも充実!

メトロポリタン美術館展は、展覧会の内容だけでなく、ショップも最高でした! 展覧会に赴く際は、お財布を持っていきましょう。展覧会ショップとコインロッカーが離れているので、お財布は携帯して展覧会の会場に入るのがおすすめです!

■展覧会情報


展示風景

『メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年』
展覧会公式サイト:https://met.exhn.jp/

【大阪展】
会期:2021年11月13日(土)~2022年1月16日(日)
会場:大阪市立美術館

【東京展】
会期:2022年2月9日(水)~5月30日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室1E