「カップ焼きそば」の麺のモチモチ感が増し、ソースが水っぽくならないライフハックが話題→ネット民「プロも使う技術」

2021/6/16 22:30ヤタローヤタロー

「カップ焼きそば」麺のモチモチ感が増し、ソースが水っぽくならないライフハックが話題→ネット民「プロも使う技術」
お湯を注いで数分間待ち、お湯を捨てるだけで簡単に作れる「カップ焼きそば」。美味しいんですが、湯切りが甘いとソースが薄まったり麺がべちゃべちゃになってしまうことがあります。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者の山田恵庸さん(@yamadayoshinob)は、「カップ焼きそばのお湯を規定時間より30秒早く捨てて時間まで蒸らすとソースは水っぽくならないし麺もモチモチ感が増して美味しい」というライフハックを紹介しています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。
















早めに湯切りして少し蒸らす…。なるほど、私も今度やってみたいと思います。ちなみにカップ焼きそばの湯切りをしっかり行うには、容器を振るのではなく、傾けたままお湯が滴らなくなるまでじっと待つほうがいいという話を聞いたことがあります。終わると振ると麺が飛び出してくるリスクもありますからね。

もっと完璧に湯を切るには、一度ざるにあけるのが確実ですね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)