包装紙は東郷青児。文明堂のブッセをお取り寄せ(1/2)

2021/1/30 11:00レモン糖の日々レモン糖の日々

家族が会社でいただいてきたお菓子に、見たことのない東郷青児の包装紙のものがありました。

「Bunmeido」とやわらかな書体で店名が書かれており、あのカステラで有名な文明堂の包装紙なの?!と2度びっくり。



まだ現役で使われていることに感激して、私もお取り寄せをしてみました。 株式会社 文明堂東京 オンラインショップ受注センターのお問い合わせ窓口に確認したところ、「ブッセ」「ボワイヤージュ」「スイーツセレクション」の詰め合わせのみに東郷青児の包装紙を使用されているとのこと。

オンラインショップでは「ブッセ」のみ取り扱いでしたので、より大きいサイズの包装紙が欲しいと思い、ブッセの9つ入りを注文しました。



黄色×黄緑が目を惹くカラーリング。東郷青児ならではの美女と、建物の組み合わせが面白いです。ドーム型の建物は、東郷青児好きにはおなじみの京都の純喫茶「ソワレ」のグラスの包装紙にも描かれている建物に形が似ています。また、東郷青児の「ベニスの空」という絵に描かれている建物にも似ています。東郷青児好みの建物なのでしょうか。



    次へ

  1. 1
  2. 2