あの医薬品「ヒルドイド」が9月に化粧品として発売!?→ネット民「おぉ、ついに!」「是非購入したい」の声

2020/7/13 22:30ヤタローヤタロー


アトピー性皮膚炎による肌の乾燥などに医師から処方される医療用医薬品「ヒルドイド」は、その保湿力が高さから美容目的での使用するために皮膚科を受診する人が増え、問題となりました。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんによると、9月16日に「ヒルドイド」が化粧品で発売されるとのこと。ヒルドイドを作っているマルホが初めて原料提供し、コーセーとタッグを組みコーセーマルホファーマが誕生するそうです。

ヒルドイドの主成分であるヘパリン類似物質は、保水力があるだけでなくダメージを受けたラメラ構造の回復をサポートするそう。実際に使ってみた投稿者さんは「しっとり感に感動」とツイートしています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。











気になる価格ですが、投稿者さんによると化粧水が1,800円、乳液が1,800円、クリームが2,300円、オールインワンが2700円とのこと。

ヒルロイドを同じ保湿効果があるヘパリン類似物質が配合されていますが、あくまでも「化粧品」で、日常のお手入れに適した配合量となっていて、医薬品の配合濃度よりも低濃度だそうです。

強い乾燥肌に悩んでいる人は、皮膚科を受診して医薬品「ヒルロイド」などを処方してもらいましょう。


(いまトピ編集部:ヤタロー)