長谷川潤の長女がママ似の美少女 クールな美貌に「モデルになって」の声(2/2)

2020/4/23 14:45 星野星子 星野星子



長谷川潤は、1986年にアメリカ・ニューハンプシャー州で生まれた33歳。アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフで、10代からモデルとして活動し、2002年にファッション誌『ViVi』の専属モデルに。エキゾチックな美貌と抜群のプロポーションでCM・雑誌などで活躍し、同世代の女性の人気を集めた。



2011年に台湾系アメリカ人と結婚した長谷川は、自身が育ったハワイへ移住。2012年12月に第1子女児を、2014年9月に第2子となる男児をもうけるも、2019年に離婚。現在はハワイを生活の拠点としつつ、日本でのモデル活動も継続している。



そんな長谷川の長女は、涼やかな目元と整った顔立ちが美しい女の子。長谷川と思われる人物に髪を編んでもらっているアップショットでは、7歳とは思えないクールな表情を見せており「モデルになってほしい」「ママそっくり」というコメントも。



ハーフらしく彫りの深い顔立ちの長谷川と比べて、台湾系の父親を持つ長女はややオリエンタルな雰囲気。



おでこが広くキュートな長男とのスリーショット写真はほのぼのとしており、家族の笑顔に「癒やされる」という書き込みも見られた。



2人の子供を持つシングルマザーになっても、長谷川潤の輝くような美しさは健在。肩と二の腕を露出したドレス姿からは高貴なオーラすら感じられ、「クレオパトラ!」というファンの声も。



水着姿でも出産経験があるとは思えないほどスリムで、パーフェクトな形の美脚は驚異的な長さ。



ビキニを着用してもお腹は引き締まっており、女神のような姿にハートマークの絵文字が飛び交っている。



涼やかな瞳の目力が強く、7歳にして中華系の女優のようなフォトジェニックさを持つ長谷川潤の長女。インスタグラムにも「雰囲気があってモデルになりそうな顔立ちですね」「大人っぽい」といった書き込みが見られ、キッズモデルデビューにも期待が寄せられている。

(星野星子)



  1. 1
  2. 2