リス村のお土産を求めて…伊豆大島・椿花ガーデン【ファンシー絵みやげ】

2020/3/6 12:00山下メロ山下メロ


■ 伊豆大島リス村の現在

みなさまはリス村をご存じでしょうか。リス村といってもリスを展示する施設は全国各地にあります。いま大河ドラマで注目を集める岐阜城のある金華山にもリス村はあります。ですが、今回、私は東京都の島しょ部・伊豆諸島にある伊豆大島に来ています。80年代から90年代にかけて観光地で売られていた子ども向け雑貨「ファンシー絵みやげ」において「伊豆大島 リス村」と書かれたものがあるので、是非リス村へ行ってみようと思いました。


しかし、伊豆大島の観光ガイドを見ても「リス村」という施設がありません。あれは記憶違いだったのかな……などと思いつつも、目的地はそこだけではありませんので、まずは三原山をバスで回ることにしました。


その途中、バスが停まったのが「椿花ガーデン」でした。非常に近代的な建物で、私が探しているファンシー絵みやげが売られている可能性は低いように感じましたが、調査しないわけにはいきませんので立ち寄ることにしました。


■ 椿花ガーデンというテーマパーク



椿花ガーデンは国際優秀つばき園にも認定されていて、さまざまな種類の椿を見ることができます。そして、椿だけでなく大島桜をはじめいろいろな植物にも出会えます。



他にもウサギが放し飼いされていたり、ゴーカートやパターゴルフなどもあり、椿花ガーデンだけで色々なアクティビティーが楽しめる施設となっています。

そして気になったのが、リスが展示されていたことです。それから名物の牛乳煎餅とともにリスまんじゅうが売られていたことです。ここが、かつての「リス村」だったのでしょうか。

スタッフの方に話を聞くと、やはりここがリス村だったそうです。一時期は「椿花ガーデン・リス村」という名前だったこともあるそうで、時代のニーズをくみ取りながら、どんどん展示をアップデートされているとのことでした。かつては、売店でも子ども向けにファンシー絵みやげなども売られていたそうです。



お話を聞いてると、ちらちらと視界に入るものがありました……もしや……。



なんと、リス村のころのファンシー絵みやげ暖簾です。


しかし、棚の目隠しに使っているそうで、社長に相談したところ「代わりの目隠し持ってきたら取り換えてもいい」……と言ってくださいました。普段は替え用の暖簾を持っている私ですが、今回はどうしても伊豆大島の絵が描かれた暖簾と取り替えたいと思いました。

さっそく伊豆大島の土産店をいくつも回って、暖簾を探したのです。



そして……





無事、三原山の風景が描かれた伊豆大島の暖簾と交換することができました。



椿花ガーデンの看板をもう一度見ると「旧・リス村」という表示がありました。



そこで社長と記念撮影させていただきました。社長は、私と同じ山下さんでした。




この暖簾のイラスト、地図にある伊豆大島から伸びた木にリス。そして左側に森の仲間たちがいます。



かなり要素を詰め込んだデザインで、まさに当時の空気感が閉じ込められています。



歴史的資料、大切に引き継ぎたいと思います。



みなさんも是非、伊豆大島へ行かれたら椿花ガーデンにお立ち寄りください。三原山の暖簾がお待ちしております。



では、また次回。





(文と写真:山下メロ)


山下メロのTwitter


《出演等のお知らせ》

以下、山下メロが出演などを予定しています。

3月9日 夜 「掘る男~各界のディグり職人たちのプロフェッショナルトーク in 新宿 ROCK CAFE LOFT


《番組出演のお知らせ》

J-WAVE にて AR三兄弟の川田十夢さんがナビゲートする『INNOVATION WORLD』に山下メロがゲスト出演いたしました。
番組Webサイトの記事


《番組出演のお知らせ》

TBSラジオの番組、ライムスター宇多丸さんの「アフター6ジャンクション」に山下メロが出演いたしました。

これまでの出演時の様子は番組WEBサイトから聴くことができます。
スキー特集
ポケベル特集
スケルトン特集
平成元年特集


《書籍発売のお知らせ》
ファンシー絵みやげ初のガイドブック『ファンシー絵みやげ大百科 忘れられたバブル時代の観光地みやげ』(山下メロ・著/イースト・プレス刊)を全国の書店で発売しています。


『ファンシー絵みやげ大百科 忘れられたバブル時代の観光地みやげ』(山下メロ・著)




《関連リンク》

山下メロの記事一覧