【岩手】達谷窟毘沙門堂の「最強の御札」(1/2)

2019/11/4 06:00 スピリチュアル占い師 CHIE スピリチュアル占い師 CHIE

こんにちはCHIEです!

行楽シーズンの秋、日本の自然美を感じるためにお出かけしたくなりますよね。
今回私は岩手県に行ってきました。

岩手といえば遠野物語のかっぱ伝説や座敷わらし伝説など、ミステリアスな場所が多いですが神社仏閣も多く、世界遺産の平泉・中尊寺金色堂があります。

中尊寺は有名ですが、
実は他にもすごいお寺があるんです。


それがこちらの
達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)です。




■巨大な崖に埋まる日本一の窟堂




圧倒されるような外観で崖に抱かれるように立つ達谷窟毘沙門堂。

物珍しい見た目をしていますが、よく見るとこのお寺、どこかで見覚えがありませんか?

こちらのお堂は清水寺を真似て造られていて、“懸崖造り”という造りになっているのです。
窟堂としては日本一の規模を誇ります。

境内は神域とされている聖地で、写真で見る以上に広いです。
一歩踏み入れた途端空気が一変し、上空から降り注ぐ日差しが参道を照らすように見えとても神秘的でした。


■坂上田村麻呂が信仰した最強の武神「毘沙門天」

かつてこの地は蝦夷(北関東・東北に住み、朝廷の支配に抵抗し服属しなかった人々)の支配地となっていたのですが、延暦20年に桓武天皇の命を受け、坂上田村麻呂が征夷大将軍としてこの地に赴き、激戦の末に蝦夷を討ち破りました。

坂上田村麻呂といえばあの清水寺を建てた人物ですが、武神・毘沙門天をかねてより厚く信仰していました。
「蝦夷に戦勝したのは毘沙門天の御加護」と感じた坂上田村麻呂は、そのお礼にこの毘沙門堂を建てました。

清水の舞台を模してつくり、中には108体の毘沙門天が祀られています。

毘沙門天といえばあの上杉謙信も信仰していたことで知られ、歴史に出てくる武将たちも多く守神にしている“戦の神様”です。

・武運長久、勝運
・金運財運向上
・厄除開運

悪運や厄を跳ね除け、福を招いてくれると言われています。
何か成し遂げたいという強い思いや、決断力が欲しい時に力強いパワーを授けてくれる神様です。


■聖なる霊魂が集まる禁足地

境内全体が神域なので飲食や動植物の採取、ペットを連れての参拝は禁止です。

そしてまたお堂の中には、坂上田村麻呂を模して刻まれたと伝えられる秘仏があり、カメラ撮影禁止となっています。
(なので残念ながら写真はありません)

またお堂の床下は“先祖の霊魂があの世から帰りて集う聖域”とされていて、人の立ち入りが許されない禁足地となっています。

中は暗くて奥がよく見えなかったのですが、しんと静まりかえっていて緊張を感じるほど厳かな空気でした。


達谷窟毘沙門堂の「最強のお札」とは…

    次へ

  1. 1
  2. 2