電車で女の子が靴のまま座席によじ登ろうとした→母親の「魔法の言葉」にネット民「うまい」「お見事」と称賛

2019/6/17 15:47 いまトピ編集部 いまトピ編集部

小さな子供が電車に乗ると、靴をはいたまま座席に乗ってしまいがち。そんなときお母さんやお父さんはどんな風に声をかければ、お利口に座ってくれるのでしょうか。


Twitterでは、Nat (@7210osmt)さんが投稿したこんなツイートが注目されています。




投稿者のNatさんによると、電車の中で女の子が走ってきて靴のまま座席によじ登ろうとしたそうです。直後に追いかけてきたお母さんが「〇〇ちゃん!電車ではプリンセス座りよ!」って言ったところ、その子は「ハッ」としてお利口に着席したんだとか。Natさんは「えっなに 可愛い なにその プリンセス座り?かわいい おばちゃんもやる」とつぶやいています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。













ただ叱りつけるだけでなく、子供が憧れている人をお手本に真似させるなんて、とても良いしつけだと思いました。子供がイヤイヤ辞めるのではなく、自分から進んでしたいと思わせるなんてスゴいです。電車内はほっこりしたことでしょう。


このエピソードは女の子の場合ですが、男の子だったらどんな風に言えばいい子に座ってくれるのでしょうか。いいお手本が思いつきません。プリンセスに習って「プリンス(王子様)座り 」といっても、王子様に憧れている男の子ってそれほど多くはなさそうですからね…。


(いまトピ編集部:ヤタロー)