6月26日は最上の大開運日!何する?運気アップのやると良いこと

2019/6/17 10:00 スピリチュアル占い師 CHIE スピリチュアル占い師 CHIE

こんにちはCHIEです。

6月になりましたね。
下半期に入り、運勢もまたガラッと変わるタイミングです。

梅雨は夏に向けて、新しい運気を取り込む大事な期間!

そして
6月26日(水)
天赦日と一粒万倍日と神吉日が重なった
この夏一番の最強開運日です。
(これを逃すと次は11月までありません)


天赦日とは…
この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、「最上の大吉日」と言われていて心機一転、物事をスタートさせるのに良い日です。

一粒万倍日とは…
一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味です。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。
(ただし、借金をしたり、揉め事をすると苦労の種が万倍になるので凶になります。
良いことをすると効果が何倍にもなって返ってくる日です!)


せっかくの吉日も、普段と変わらず過ごしていたら幸運を逃してしまいます。
運を掴む人は狙いを定め、準備を続けてきた人。

26日までまだ何日かありますから、これから挙げる「運を引き寄せる開運アクション」を参考に、今から何をして過ごそうか考えてみてください。





■朝、神社にお参りに行く

近くの神社でも、この日に狙いを定めて旅行がてら遠くの神社へ行くのでも構いません。
吉日は「良い空気を吸う」のが開運ポイントです。
お参りに行く時は、出来れば朝のほうが空気が澄んでいるのでオススメです。





■ショッピングに行く

吉日は良いアンテナが立つので、この日に目が惹かれたもの、選ぶものはラッキーアイテムになります。
ポーチやハンカチなど、小物でも良いです。
良い気分の時に、自分だけのラッキーアイテムを探しに行ってみてください。





■新しいものをおろす

吉日には金運を上げるために、財布を買う人も多いですよね。
この日に買うのも良いですが、この日に「使い始める」ほうがより運気アップします。
前々から買って準備しておいて、最上の吉日におろせば、心機一転して良いエネルギーが物に宿りますよ。





■花を飾る

平日ですから、忙しくてどこにも行けないし、何も出来ない!という方もいると思います。
そういった方は、お出かけの帰りがけでも良いので花屋さんに寄って花を買って、お部屋に飾りましょう。
色や花の種類は何でも構いません。
惹かれたものを飾るのが一番良いです。
花は「陽の気」を持っているものなので、飾るだけで空間が明るくなり良い運気を引き寄せます。
私の今までの感覚ですと、花を飾ってから枯れるまでは、初日の運気がずっと引き継がれているように感じます。
花を見るたびに気分が上がり、吉日の運気が続きます。ぜひやってみてください。




いかがでしたか?
最上の吉日は、最上の気分で過ごすことが大事です!

ちょっとしたことでも良いので、何かアクセントを付けて、良い運気を引き寄せてください。





(スピリチュアル占い師 CHIE)