【Instagramフォロワー数10万超え!】君は世界が注目するアーティスト田村大を知っているか。

2019/5/15 12:20 Tak(タケ) Tak(タケ)
人気女性モデルや有名俳優たちと肩を並べるInstagramのフォロワー数を誇るアーティスト(絵描き)がいるなんて、にわかに信じられないかもしれません。

ましてやそれが日本人であり、アートの世界ではほとんど無名に近い存在となればなおさらのこと。



そのアーティストの名前は田村大(たむらだい)。インスタの自己紹介文は簡潔に「Japanese Illustrator/Artist」と綴られているだけですが、公開されている作品画像や動画を観れば彼の凄さは、子どもからおじいちゃんまで直感的に分かります。

早速、まずはインスタを覗いてみましょう。彼の実力の程を知るには前置きをうだうだ書くよりよほど早いです。


田村大(dai.tamura)Instagramアカウント

では、どうして無名の田村大さんが、アーティストとして日本で一番インスタのフォロワー数を獲得しているのでしょう。それには彼の有する3つの「力」が影響しています。

田村大さんには、アベンジャーズのような特殊能力が備わっているわけではありません。真面目で朴訥な30代の絵描きです。それでは一体どんな「力」なのでしょう?


若冲作品の前でインタビューに応える田村大さん。(会場提供:松本松栄堂)

【田村大の「力」その1】「行動力」

まずは、下記の投稿をご覧ください。アメリカプロバスケットボールリーグ NBA(National Basketball Association)の日本公式Twitterアカウントによるものです。



NBAの公式が何故日本では知名度ゼロに近い田村大さんのことを取り上げ、動画で紹介しているのでしょう。

それは田村さんの並外れた行動力のたまものなのです。寝て待っているだけではNBAが取材なんてしてくれるはずありませんからね。

学生の頃から絵を描くのと同時にバスケのプレイヤーとしても活躍していた田村さんが、憧れのNBAの選手の絵を描いてInstagramに投稿し始めたのが2016年頃から。



しかし、ゲリラ的に投稿するのではなく、できればNBAのお墨付きが欲しいと思うのは著作権や肖像権の厳しいアメリカ人選手を描く人なら誰しもが願うことです。

そこで持ち前の行動力を活かし、まずNBA Japanと繋がることを模索します。彼の武器はリアル過ぎる絵が描けることと、Instagramでの発信力の2つのみ。それをフル活用し何とNBA Japanから連絡を貰い、今のポジションをゲットしたのです。

どんなに絵が上手くても、発信力がなければ多くの人の目にとまらず埋没してしまいます。では、彼はどのように自分の武器を生かしたのでしょうか。そのヒントは下記の記事にあります。

楽天 「NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten」開催を発表

そうNBAのチケットや放映権を持っているのは日本では楽天なのです。田村大さんはここに狙いを定め三木谷社長の絵を描いて自分のインスタにあげたのでした。


見事なダンクシュートを決めたのです。彼持ち前の「行動力」を発揮して。

これは我々も見習うべき点が多くあります。インターネットが身近な存在となり世界との距離は縮まり、さらにSNSの発達で個人でいくらでも情報を発信できる時代となりました。

頭では分かっていても、中々それを生かしきれていない人がほとんどの中、田村大さんの実践躬行の発想は今の時代のアーティストに最も求められるものではないでしょうか。


田村大(dai.tamura)Instagramアカウント

おっと、まだ一つ目の「行動力」しか紹介しきれていませんが、紙面が尽きてしまったようです。この続きは近日中に公開します。

ひとまず、今日は田村大さんのインスタをフォローして彼の絵に酔いしれましょう。

尚、2019年4月に、松本松栄堂・東京オフィスで開催された「平安から現代まで」展にて、狩野永徳や尾形光琳、横山大観らに混じり初めてギャラリーで田村大さんの作品が公開されました。

いよいよ本格的に動き出すようです!今後の活躍要チェックです!!