認知症のお爺さん、妊婦に1日何度も「そのお腹どうしたんだ?」を繰り返す→その後の展開にネットから「素敵」の声

2019/5/13 22:00 いまトピ編集部 いまトピ編集部

認知症になると、同じ質問を繰り返すことがあります。それに返答するとやはり同じ返しを何度もすることがあるようです。もしそれで感動的な言葉を繰り返してくれるのなら、何度質問されても嬉しいものですよね。


Twitterでは、みゅあ (@myua_myua47)さんが投稿したこんなツイートが注目されています。




投稿者のみゅあさんが務めている介護施設に入居していた認知症のお爺さんは、妊娠中のみゅあさんに1日に何度も「そのお腹どうしたんだ?」と聞いてきたそうです。

みゅあさんはその都度「妊娠中です」と答えたそうですが、お爺さんは決まって「そうか宝物が入っとるのか。あんたは今宝箱なんだな。大事にせいよ」と言われたのだとか。とても良い言葉ですね。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。













「妊婦さんに何度もお腹の質問をする」と聞いて、またセクハラ・マタハラの類いの話なのかと思ってしまいしたが、予想外に良い話でちょっと感動してしまいました。「宝」を抱えた女性を「宝箱」と表現し「大事にせい」とアドバイスするなんて、とても優しいお爺さんだと思います。


認知症になると感情のコントロールがうまくいかず、暴言や暴力を起こすこともあると言われていますが、こんなに優しい言葉をかけることができるなんてとても素敵ですよね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)