皮膚病を抱える子供、クラスの子に「なんで顔にブツブツがあるの?」と聞かれ→その返答に「カッコ良すぎ」の声

2019/5/10 23:38 いまトピ編集部 いまトピ編集部

病と戦っている子供は少なくありませんが、それが外見に現れている場合は病気だけでなく、友だちからからかわれたり虐められたりする苦しみやコンプレックスとも戦わなければいけません。


Twitterでは、鈴木祐介 (@7_color_world)さんが投稿したこんなツイートが注目されています。




投稿者さんの同級生のお子さんは、紫外線に当たると皮膚癌を発症する病気を抱えていて、顔には斑が広がっているそうです。幼稚園のクラスの子に「なんで顔にブツブツがあるの」と聞かれた彼の返答が「これがオレなんだよ」と返したそうです。投稿者さんは「ド正論だし、身体的に指摘されたくないことを指摘されたらぜひそう答えたい」とし、「この自己肯定感を育てた親も最高」だと称賛しています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。










顔に斑があることを指摘され、「これがオレなんだよ」とキッパリ返答できる子供って本当にカッコ良いですね。まだ幼稚園児だというのにこんなに強い心を持つ子供に育っているのは、きっと親御さんの教育のたまものだと思います。


自己肯定感が低い人って、何かと他人と比べてしまいがちです。「他人は他人、自分は自分」という気持ちでいると、前向きに頑張る意欲がわいてくるはずなんですが、それを理解しているつもりでもつい他人と比べてしまい、優越感や劣等感を感じながら生きている自分が恥ずかしくなりました。この子供のように他人と比べない人生を送りたいものですね。



(いまトピ編集部:ヤタロー)