「アラフォー以下の世代は、◯◯なんてムードを感じたことがない」→悲観的な意見が殺到…「わかりみが過ぎる」

2019/4/20 22:24 いまトピ編集部 いまトピ編集部

中高年層は若い世代に対して「明るい未来が待っているのに活気がない」と見てしまいがちですが、若い世代からすれば決して明るくなどないと感じておらず、むしろ「不安しかない」と嘆く人も多いようです。


Twitterでは、イルマ (@mrymmio)さんが投稿したこんなツイートが注目されています。




投稿者のイルマさんは、生まれてから「明るい未来」が待っているというムードを感じたことがないそうです。少なくとも20年前からすでに「私たちって割食う世代だよね」という話はしていたとのこと。「アラフォー以下の世代の人ならわかってくれると思う」と嘆いています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

















やはり、アラフォー以下の人からは全体的に将来を嘆いているコメントが多いですね。特に年金を貰えることに期待できないという意見が目立つようです。確かに、バブルを経験したアラフィフ以上の人からすると「活気がない」ようにみえるかもしれません。不安しかない人に子供を作るなんてことは厳しい話です。


その一方で、若い世代から「バブル世代の人たちはゲームもないテレビもない家が多い少年時代を過ごしている。僕らは子供時代が恵まれていた」という意見もあがっています。確かに、中高年の幼少時代は今ほど豊かではありませんし、恵まれていたとは言えなかったのかもしれません。


なにはともあれ、この先少しでも明るい未来が訪れることに期待したいですね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)