中国人の財布を拾ったので一番近い中華料理屋に入る→思いがけない展開に、ネット民「素晴らしい」「最高すぎる」

2019/4/18 22:11 いまトピ編集部 いまトピ編集部

外国人が日本に来て驚くことのひとつが「財布を紛失しても警察に届くこと」だそうです。こうした文化は日本人として誇れますよね。


Twitterでは、寂しんぐ (@samithing)さんが投稿したこんなツイートが注目されています。




投稿者の寂しんぐさんは、中国人の財布を拾い、ダメ元で1番近い中華料理屋に入り「〇〇さん(免許証の名前)いますか?」と聞いたところ、その人が当の本人だったそう。

すると大喜びで「みんな聞いて!!この人が!!財布拾ってくれました!!!」と触れ回っていたそうです。中国人って感情豊かなので、かなりのハイテンションだったのではないでしょうか。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。
















財布を落とした中国人は、さぞかし嬉しかったでしょう。中国人の免許証が入っていたので近くの中華料理屋さんに行くという、寂しんぐさんの判断も素晴らしいですね。

実は私もわりと最近、財布を落として絶望感に打ちひしがれていたのですが、ダメ元で警察に問い合わせたところ、現金もそのままの状態で届いていました。お金以外にも大切なものが色々と入っていたので、見つかったときには本当に嬉しくて、拾って届けてくれた人に感謝するとともに、こうした文化のある日本で暮らせる喜びを実感しました。

海外では現在、落とした財布が戻るということは奇跡に近いのですが、いつの日か日本以外のどこに行っても、落とした財布が戻ってくるような優しい世界になって欲しいですね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)