めっちゃ長持ちする「ブラジャーの干し方」が話題に!ネットユーザーから「勉強になります!」「やった!」の声

2019/3/28 20:47 いまトピ編集部 いまトピ編集部

ブラジャーってとても型崩れしやすいもの。洗うときは洗濯ネットに入れて洗っている人は多いと思いますが、どのように干していますか?せっかく丁寧に洗っても、干し方によっては型崩れの原因になることもあるようです。


Twitterでは、こじみく24hブラのプロデューサー (@milkonPANDA)さんが投稿したこんなツイートが注目されています。




このツイートによれば、ストラップ部分を洗濯ピンチに挟んで干す「ストラップ干し」はストラップが伸びてしまうので絶対ダメ、また、アンダーカップのワイヤーの部分を洗濯ピンチで挟んで干す「アンダーカップ干し」はカップの形が崩れるので絶対ダメとのこと。

一方「一生使えるブラの干し方」として紹介されているのは、「カップ横のアンダー部分を重ねてとめる」方法だそうです。とめる位置は、カップとボーン(横の部分の固いワイヤー)の間だそうです。こうすることで場所を取らないのでいっぱい干せる(1個の洗濯ピンチで済む)うえ、型崩れしにくく跡もつきづらい。しかも、スピーディに干せる点が優れているそうです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。











ブラジャーを真ん中で折った状態で干すと良いんですね。なんとなく、カップの内側が乾きにくくなる気がしますが、投稿者さんによると、ぴったり密閉されるわけでもないので大丈夫なんだとか。ちなみに、二つ折りにするのは下着メーカーのワコールも問題ないとアナウンスしているようです。


また、この方法だとブラジャーを痛めにくいだけでなく、干すのがラクになりますし、場所を取らないといったメリットもあるそうです。


また、奧さんの下着を洗濯することがある旦那さんは、自分自身では使うことのないブラジャーの干し方なんてさっぱりわからないですよね。是非ともこの干し方を覚えておきましょう!


(いまトピ編集部:ヤタロー)