100均ショップで◯◯を買うと大変なことになる→買ってはいけない理由に「初めて知りました」「わかります」の声

2019/2/24 12:37 いまトピ編集部 いまトピ編集部

100円ショップは、さまざまなアイテムを激安で購入できる庶民の味方。なかには、とても100円には見えないような良い物もあるなど、日常的に使うモノの多くを100円ショップで購入している人も多いのではないでしょうか。

ただし、モノによっては100円ショップでは買わないほうが良いものもあるようです。
Twitterでは、@GHEERITANさんが投稿したこんなツイートが注目されています。




投稿者さんは、文房具を100円ショップで安く買うのは理解できるけど、100円ショップの定規やメジャーはミリ単位でズレることがあるので、もう少しお金を出してJISマークの付いた定規を買った方が良いと述べています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。


・初めて知りました。手持ちのを比べたらわりと値段の張った定規でも30cmで0.8mm程ズレてました


・jisマークがないのは、cmなどの記載がなく、あくまでも単なる目盛であって、長さを表しているとは「言ってない。」です


・定規に限らず、計る(量る)ための道具は、規格を確認した方が良いです。規格の表記がないものは、「雑貨」扱いであり、計る道具としての条件を満たしていません


・温度計にもそんな奴ありました。パッケージに既に「正確な記録はできません」みたいな表示があっていいのか、ダイソー‼と突っ込んでしまいました


・定規も100均で購入したんですが、きっちり図った筈なのに完成した棚がガタガタに歪んでいました


・娘の通っていた小学校では、定規、コンパスは百均で買わないでください。と指示がありました


・わかります!分度器もです〜!


・100均等のは線引く用みたいなものだから


・大手のホームセンターで買った「差し金」で4寸柱に1周の線引いたら1分ずれた経験があります




100均で売られているアイテムってたしかにお買い得ですが、貧弱なものが多いというのは否定できません。とくに、正確な長さを測るための道具である定規の場合、ズレがあっては使い物になりませんし、あとで困ることになる可能性も考えられます。

コメントにもありましたが、規格の表記がないものは「雑貨」扱いであり、計る道具としての条件を満たしていないようですね。やはりこういったアイテムは、多少高くても安心できる「JISマーク付き」の製品を買うべきなのかもしれません。


(いまトピ編集部:ヤタロー)