気が付いて!「そいつはデブ以前に単純に嫌な奴」

2018/10/20 18:00 小林 潤奈 小林 潤奈
朝は冷え込みますね。

左の鼻の穴だけ中途半端に詰まってしまって、ピヨピヨ鳴っています。

こんにちは、小林です。

本日もお便り届いております。


ペンネーム「ぷくまる」さん


私は160センチ42キロの痩せです。
友人と比べるとかなり食べる方ではあるんですが、太りたくても太れません。
そのせいで男子にも色気がないといじられてます。
友達にデブの子がいて、その子はいつも私に痩せすぎーもっと太りなと言ってきます。
いじりかなと思ってつっこんだりしつつ対処していました。
しかしデブはそれだけじゃ収まらず、私の前でも陰でも私の体型の悪口を言ってきます。
「さすがにきもすぎ」とかラインの名前をホラーマンにされた時は自分の体質に悲しくなりました。
痩せでもデブでも同じ体型の悩みです。
理解してください。
デブだけが特別じゃねえわ






うんうん、落ち着いて。

落ち着いたところで私がそのデブぶん殴ってくるから落ち着いて。


まず私がぷくまるさんに言いたいとこは

「そいつはデブ以前に単なる嫌な奴」です。


ぷくまるさんは今その友人さんの見た目がたまたまデブだったから、デブはみんなこんな感じだというフィルターがかかり始めています。

私は今までのコラムで痩せを手に入れるための努力をできない怠け者だからこそ、痩せた人を尊敬し、痩せている人を羨ましいと綴ってきました。

でも、どんなに私と真逆の体型でもコンプレックスを持っていたら話は別です。

それは当事者にとっては立派な悩みのひとつなので、部外者の私が簡単に羨ましいと言うことはできません。


よく体質で太れない人に「羨ましい~」と謳う人がいますが、本人がその体質を好きだったらまだしも、本気でコンプレックスに思っている場合は酷だから!

自分に持っていないものを持っているからって、簡単に羨ましいと言うのは無責任です。

(羨ましい待ちの人にはガンガン言って良い気分にさせて、夜ご飯でも奢ってもらったら良いと思います。)


本気で体型をコンプレックスに思っている人は、話し方や目を見れば分かるし、それが分からないなら単純に人のことを考えられない嫌な奴です。

世間一般的に見て、本来は羨ましいと思われる側だからって悩んでいないと勝手に決めつけるのは良くない!


この前、作品展をやらせてもらったときに1人の女の子から

「美味しく食べられないのが悩み。体に肉が無くて骨っぽいことに悩んでいるけど、それを相談すると嫌味だと言われて相談できない。」

と相談を受けました。

「どうしたら美味しくご飯を食べられますか?」
と真剣に聞いてくれる姿勢は健気だったし、きっと私からもその悩みを否定されるか内心怖かったと思います。


もうめちゃくちゃ胸が苦しくなったわ…。


私は、この世の中でLGBTに偏見を持っている奴と大声と勢いだけで笑いを取ろうとする奴と

悩みを悩みとして昇華させてくれない奴が一番嫌いなんですよ!!!!!

(あと、「結局どれが一番だよ」って突っ込む人もちょっとすみません…)



相手が悩みを打ち明けているのに、それを受け取らずに

「嫌味にしか聞こえない~」

って言ったり、

「贅沢だよ~」

って言ったり、もう、許せん!!!!!


本来は立派な悩みなのにも関わらず「悩むべきことではない」と札を貼る人が本当に嫌いでね。


悩むべきことか、そうでないかは悩みを誰かにぶつけて昇華させることで初めて自分で気が付くことだし

もし自分がそう思っても、そう気が付くようにアシストしてあげたり、最後の切り札で優しく言ってあげなさいよ!!

と思うんですよね。


誰かに悩みを打ち明けることができないまま心に留めさせてしまうと、いずれそれは心に沁みついて取れなくなってしまいます。

だから、もし相手が悩みを受け取ってくれない時は相談するに値する人ではないし、シンプルに嫌な奴なのですぐに芸能ゴシップの話にでもシフトチェンジさせてください。

ただ、相談する側も「この人は自分と真逆の悩みを持っているからやめた方がいいな」と考えることが出来るといいですね。


喧嘩になる前に。

平和を守ろう。


話が脱線してしまいましたが、ぷくまるさんの友人さんはさらにちょっとやっかいですね。

相手がいじられていることを良いことに、

・痩せにネガティブな印象を与えて自分のコンプレックスを認めない。

・痩せをいじる空気を作り上げて、自分の痩せに対する嫉妬を感じさせない。


わざわざ傷つくようなことをぷくまるさんに言ったり、わざわざラインの名前まで変えるなんて、どんだけ執着してるんだよって話じゃないですか?

めっちゃ羨ましがってるじゃん。としか思えません。

私の周りにもぷくまるさんと同じ体質の人がいますが、わざわざそんなこと言ったことないし、羨ましいとは思うけどそれ以上にはなりません。

羨ましい以上に、嫉妬という気持ちが芽生えているからそんなしょうもないことしてしまうんでしょうね。


「人を傷つける人は傷つけて相手の価値を下げないと、自分の存在が保てない」

という文を読んだことがありますが、まさにぷくまるさんの友人さんはこの状態なのではないでしょうか。



嫉妬をいじわるで包んで相手にぶつけて自分のコンプレックスから逃げているのかもしれませんが、いつか誰も構ってくれなくなった時、彼女に襲い掛かるのは虚しさと自己否定の連続です。


そもそも、自分がいじられないのは体型に対するコンプレックスとプライドが高すぎるあまり、周りが遠慮しているってことにも気が付いていないんですよ。

必死なのがバレているんでしょう。

本当にいじられているのは、そういう面でも友人さんの方ですね。


【結論】


デブがみんな悪い奴なわけじゃない


「デブだけが特別じゃねえわ」

と怒りのあまり出た言葉がありましたが、もちろんそれは分かっています。


本当にたまたま、たまっっったま!!!!


そのデリカシーの無い人間がデブであっただけで!!!



デブがみんなデリカシーの無い人間というわけではないです!!!


美味しいものを無我夢中で食べ続けた結果太った純粋なデブもいますので!!!!!


そのデブを嫌いになっても、他のデブを嫌わないでください!!!!!!




さて、今日はここまでです。




お便りはこちらまで
希望のペンネームがある場合は本文に記載してください。

無い場合はこちらで勝手にありそうなペンネームを付けさせていただきます。
インスタグラムのDM、TwitterのDMでも受け付けております。)
(お便り内容は文字数制限により、こちらで添削して載せる場合があります。)


KADOKAWAさんから私の初の単行本
「小林姉妹はあきらめない!」
が発売されております。


めちゃくちゃ面白いです!

また、5/28(月)宝島社さんより
デブたちが泣いて喜ぶ変態級にハイカロリーな即デブ飯レシピ本
禁断の変態ごはん発売中です!




こっちも死ぬほど面白いです!!

みなさん是非買ってください。本当に。

どうぞよろしくお願いいたします。




(小林潤奈)