【2018年版】ナイトミュージアム~東京の博物館・美術館(+α)の夜のおすすめイベント

2018/7/27 09:00 はろるど はろるど
ともかく毎日が暑い!暑すぎますよね。せっかくのお休みでも、これほど暑いと、出かけるのも躊躇してしまうかもしれません。



そこでお勧めしたいのが、少しでも涼しい、夕方以降のお出かけです。「ナイトミュージアム」ならぬ、美術館や博物館などの夜のイベントも、かなり出揃ってきました。こちらで改めて整理しておきたいと思います!

■サマーナイトミュージアム2018~都立の美術館・博物館が21時までオープン

夏休み期間中の特別延長開館です。東京都江戸東京博物館、東京都庭園美術館、東京都美術館、東京都写真美術館では、7月下旬より8月31日までの間、主に金曜日の夜を中心に、開館時間を21時まで延長します。



「サマーナイトミュージアム」東京都歴史文化財団
https://www.rekibun.or.jp/nightmuseum2018/

「東京都江戸東京博物館」https://www.edo-tokyo-museum.or.jp
開館時間延長:7月20日(金)~8月31日(金)の金曜日は21時まで。
開催中の展覧会:「発掘された日本列島2018」 6月20日(土)〜 7月22日(日)、「東京150年」 8月7日(火)〜 10月8日(月・祝)

「東京都庭園美術館」https://www.teien-art-museum.ne.jp
開館時間延長:7月20日(金)~8月31日(金)の金曜日は21時まで。
開催中の展覧会:「ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力」 6月30日(土)〜 9月17日(月・祝)

「東京都美術館」https://www.tobikan.jp
開館時間延長:8月3日(金)~8月31日(金)の金曜日は21時まで。
開催中の展覧会:「BENTO おべんとう展」 7月21日(土)〜10月8日(月・祝)、「没後50年 藤田嗣治展」 7月31日(火)〜 10月8日(月・祝)

「東京都写真美術館」https://topmuseum.jp
開館時間延長:7月19日(木)~8月3日(金)の木曜日、金曜日は21時まで。
開催中の展覧会:「TOPコレクション たのしむ、まなぶ イントゥ・ザ・ピクチャーズ」 5月12日(土)〜8月5日(日)、「世界報道写真展2018」 6月9日(土)〜8月5日(日)、「杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年」 7月24日(火)〜9月24日(月・振休)、「マジック・ランタン 光と影の映像史」 8月14日(火)〜10月14日(日)



各館の夜間開館実施日は上記の通りです。また毎週金曜日の17時以降に入館すると、学生が無料、一般・65歳以上は団体料金が適用されます。嬉しい割引サービスですね。(東京都美術館の「藤田嗣治展」は除く。)



「ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力」東京都庭園美術館
会期:6月30日(土)〜 9月17日(月・祝)
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/180630-0917_benchesofthebrazilian.html

また江戸東京博物館では、「えどはく寄席」として、講談師による怪談も開催。東京都美術館の「藤田嗣治展」や東京都庭園美術館の「ブラジル先住民の椅子」では、イブニング・レクチャーやギャラリートークが行われるほか、「トビカン・ヤカン・カイカン・ツアー」として、ライトアップされた東京都美術館を散策するナイトツアーも実施されます。

さらに各館のカフェやレストランも、夜間延長開館時は特別にオープン。観覧券を提示すると割引のサービスも行われます。少し早めに出かけ、展覧会を見た後に、ゆっくり食事を楽しむのも良いかもしれません。

■夜の割引料金も!MOMATサマーフェスが開催中!

竹橋の夏の恒例のイベントがやって来ました。今年も東京国立近代美術館では、昼も夜も楽しめる夏の企画、「MOMATサマーフェス」が開催中です。



「MOMATサマーフェス」東京国立近代美術館
期間:7月20日(金)~9月17日(月・祝)
時間:10:00〜17:00。但し金曜、土曜日は21時まで開館。
http://www.momat.go.jp/am/exhibition/summer_festival2018/

「MOMATサマーフェス」は、展覧会でのイベントやワークショップ、それに金曜と土曜日の「ナイトミュージアム」が行われるイベントで、「5時から割引」と題し、コレクション展の観覧料が割引されます。(学生は無料。)となります。また「ラー・エー・ミクニ」のキッチンカーによるガーデン・カフェもオープンし、ナイトミュージアム時には、ビアバーとして利用することも出来ます。



「ゴードン・マッタ=クラーク展」東京国立近代美術館
会期:6月19日(火)~9月17日(月・祝)
http://www.momat.go.jp/am/exhibition/gmc/

毎週金曜の夜(19:00~19:25/19:30~19:55)の、「フライデー・ナイトトーク」も面白そうですよね。これは、単なるギャラリートークではなく、ガイドスタッフと参加者がトークをしながら、作品を鑑賞するというスタイル。謎解きするような鑑賞体験が出来るそうです。是非、参加してみて下さい!

■博物館のビアガーデン〜「トーハク BEER NIGHT!」を開催!

上野の山にビアガーデンがオープン!この夏、東京国立博物館では、期間限定にて、「トーハク BEER NIGHT!」が開催されます。



「トーハク BEER NIGHT!」東京国立博物館(本館前庭特設広場)
期間:7月27日(金)、7月28日(土)、8月3日(金)、8月4日(土)
時間:9:30~21:00。アルコールの提供は16:00〜。L.Oは20:00。
https://www.tnm.jp



会場は、本館前庭の特設広場。昨年の平成館前より場所を移し、スケールアップしました。当日は、生ビールの販売をはじめ、日替わりでキッチンカーが出店。また開催中の開催中の特別展「縄文」(http://jomon-kodo.jpに因み、縄文の国宝6件の出土地域(北海道、青森県、山形県、新潟県、長野県)のクラフトビールが、各日、各種50本限定で販売されます。クラフトビールの購入者には、オリジナルグッズの「火焰型土器紙コップ」も付いてきます!



またテーブルが満席でも心配ご無用。生ビールテントにて、トーハクくんとユリノキちゃんデザインのオリジナルレジャーシートも販売するそうです。もちろん開催日は「縄文展」も夜間開館中。21時までオープンしています。何人か仲間を誘って出かけると楽しそうですね!

■夏限定の夜間延長開園!夜の生き物たちの生態を楽しもう!

最後に番外編として、動物園と水族園イベントをご紹介したいと思います。上野と葛西、どちらもすっかり定着しました。上野動物園と葛西臨海水族園にて、「真夏の夜の動物園」と「夜の不思議の水族園」が開催されます。



「真夏の夜の動物園」上野動物園
期間:8月10日(金)〜8月16日(木)
時間:9:30〜20:00(入園は19時まで)
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ueno&link_num=25004



「Night of Wonder─夜の不思議の水族園」葛西臨海水族園
期間:8月11日(土・祝)〜8月16日(木)
時間:9:30〜20:00(入園は19時まで)
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=kasai&link_num=25001



ともに延長するのは、17時からの3時間。20時まで開園します。また、単に夜間に開園するだけでなく、スタッフによる特別トークや、音楽のライブイベントなども開催。上野動物園では、「ナショジオ 夜のどうぶつシアター」と題し、ドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナル ジオグラフィック」の野外上映会も行われます。



実は私も、ほぼ毎年、葛西臨海水族園の「夜の不思議の水族園」に行っていますが、意外と大人でも楽しめるのがポイントです。海風を感じながら、ビール片手にミュージシャンやパフォーマーの野外ライブを楽しむことも出来ます。



特におすすめの時間帯は入園終了後の19時以降。園内の照明も落とされ、暗がりの水槽の中で泳ぐ魚を鑑賞出来るなど、他では味わえない体験も得られます。さらに19時半も過ぎると、人も疎らになるので、デートコース(?!)にも向いているかもしれませんね!

以上、主だった都内の博物館と美術館、それに動物園と水族園の夜のイベントをまとめてみました。他にも多数、夜間開館を行なっているところがありますが、基本的に展覧会は、昼よりも、夜の方が空いています。夏のお出かけの参考にして下されば嬉しいです!