こんな顔だったっけ? 忽那汐里がハリウッド進出してオリエンタル美女に変身

2018/6/7 14:10 星野小春 星野小春




忽那汐里(25)といえば、江崎グリコ『ポッキー』のCMで人気を博した美少女タレントとしても有名な女優。現在25歳になった彼女は、ハリウッド映画『デッドプール2』(20世紀フォックス)に主要キャラで出演するなど、国際派女優として活躍中だ。

@shioli_kutsuna_officialがシェアした投稿 -



忽那は1992年オーストラリア生まれの日系オーストラリア人3世。2006年に『第11回 全日本国民的美少女コンテスト』で審査員特別賞を受賞し、翌年『3年B組金八先生』(TBS系)で女優デビュー後、清楚可憐な美少女キャラで人気を博す。とりわけ『ポッキー』のCMで披露した「ポッキーダンス」のコミカルな動きは秀逸で、ネット上でも話題になった。

@shioli_kutsuna_officialがシェアした投稿 -



大学進学などで露出が激減した時期もあったが、日本語よりも英語が得意なバイリンガルとしても知られる彼女は、近年、海外での活躍がめざましい。映画『アウトサイダー』(ネットフリックス)では、オスカー俳優ジャレッド・レトと愛を育む日本人女性役を勝ち取り、そのミステリアスな美貌で注目を集めた。

shioli kutsunaさん(@shiolikutsuna)がシェアした投稿 -



さらに、6月1日公開の映画『デッドプール2』では、特殊能力を持つ謎めいた暗殺者・ユキオを演じ、主演のライアン・レイノルズにもその演技力を高く評価されたとのこと。

shioli kutsunaさん(@shiolikutsuna)がシェアした投稿 -



世界的に大ヒットした前作『デッドプール』に登場した美少女といえば、ネガソニック・ ティーンエイジ・ウォーヘッドを演じたブリアナ・ヒルデガルド。『デッドプール2』で忽那はそんなネガソニックの同性の恋人という「キャラの立った」役を演じている。

@shioli_kutsuna_officialがシェアした投稿 -



忽那が、人気者のネガソニックちゃんにまさるとも劣らないかわいらしさを発揮しているツーショットは、まるでアニメのワンシーンのような仕上がりだ。



@shioli_kutsuna_officialがシェアした投稿 -



欧米受けするアジア女優というと、大柄で足が長く目の細い「超絶スタイルのアジアンビューティー」を思い浮かべがち。対する忽那は、市松人形のようなかわいらしさと、媚びのないクールな眼差しを併せ持つ新しいタイプのアジア人女優だ。

shioli kutsunaさん(@shiolikutsuna)がシェアした投稿 -



ラブリーでありながらか弱いアイドルタイプではなく、真っ赤な口紅が似合う意志の強そうな瞳とバランスのよいボディ、国際的な雰囲気を身に着けた美女忽那汐里。彼女はこれからの新しい「クールジャパン KAWAii文化」を背負って立つ女優とも言えそうだ。

(星野小春)