“塩あんトースト”を食べたい純喫茶エイト

2018/5/26 11:00レモン糖の日々レモン糖の日々


和菓子屋さんに併設された純喫茶!
純喫茶エイト」の書体も佇まいも最高~!テッセンの花も見事。



ガラス張りで朝日差し込む入口付近と照明の灯る店内のコントラスト。





高い天井にはシャンデリア。その横には立派な魚拓!





マガジンラックの下にある丸いタイル部分は、かつてここに池があったそう。



背の低い椅子とテーブルが子どもにも大人にも優しい。



カウンターのランプ型の照明や、食器棚のシールがかわいい。



とんがり窓から見えるのはお隣の和菓子店。



和菓子店の方と喫茶店をつなぐ扉がとても小さくて、背をかがめて行ったり来たりされていました。



そんな、見所満載の「純喫茶エイト」は今から50年前、マスターが20歳の時に和菓子店「塩尻喜月堂」の隣に併設オープン。
「塩尻喜月堂」の歴史はもっと古く、なんと100年以上というから驚きです。

ママさんのおすすめは「ジーンズアイス」。ほんのりジーンズ色のシャーベットはラムネ味。食後の口の中をさっぱりと仕上げてくれます。「ジーンズアイス」って珍しいですよね?実は「純喫茶エイト」のある“児島”は、国産ジーンズ発祥の地。「純喫茶エイト」は“児島ジーンズストリート”にあるのです。



店先では和菓子と共に地元のジーンズブランド「ベティスミス」の商品も。そんな中に「手づくりカラフルかさ」を販売しているところが好き。



ところで和菓子店「塩尻喜月堂」は“塩羊羹”が名物
ジーンズ生地の小さいバッグに入ったその名も“ジーンズ塩羊羹”もありましたが、私はこの包装紙が素敵な塩羊羹を購入。





実は「純喫茶エイト」でメニューに書かれた「塩あんトースト」に惹かれるも、あいにくその日はやっていないと。。。



「あんトースト」が好物で「あんトースト」を身近に感じている愛知県民の私としては、どうしても「塩あんトースト」を食べてみたい・・・ということで、自宅で作ってみました。



こんがりと焼いたトーストにバター風味のマーガリン(バターが理想)、その上に「塩尻喜月堂」さん名物の「塩羊羹」を薄くスライスしたものを並べて(非公式)、パクッ。
甘じょっぱくてお・い・し・い!きっと、きっと、「塩あんトースト」もこんな味だよね?!でもでもいつか「純喫茶エイト」で公式の「塩あんトースト」を食べてみたいです。。



レモン糖度 87

純喫茶エイト 岡山県倉敷市児島味野2-3-19
9時~17時
月休



次回もお楽しみに。


《関連リンク》

レモン糖の日々 記事一覧

ツイッターを始めました @lemonsugar17 レモン糖の日々
フェイスブックを始めました Lemon Sugar
フォローしてくださるとうれしいです。