シルバニアからの高校教師…フロッキー加工と「ファンシー絵みやげ(1/3)

2018/5/18 12:00 山下メロ 山下メロ

■ シルバニアファミリーのブーム

突然ですが1985年にエポック社が発売して大ブームになった動物の人形・シルバニアファミリーを思い出してみましょう。


↑こちらがシルバニアファミリー。



全体に少し短い毛で覆われているような手触りも新しく、またたく間に人気となりました。 その後、似たような雰囲気の人形が他社からも発売されるなどしました。

たとえばタカラの「3年2組のなかまたち」。



そしてテレビアニメのメイプルタウン物語。こちらはバンダイが玩具を発売し、メディアミックス戦略のような手法になっていました。



このように1980年代に子供達の心を掴んだ人形。この手触りを施すことを一般的にフロッキー加工と呼びます。なんと静電気のチカラで、接着剤の塗られた人形に無数の短毛をひきつけて作られているという、その製造工程も興味深いのです。

    次へ

  1. 1
  2. 2
  3. 3